英語、TOEIC、学習時間の目安(1000時間?) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語、TOEIC、学習時間の目安(1000時間?)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語学習には色々な誤解があると思いますが、その一つが、
“ある程度上達するまでの時間”だと思います。

何をもって“上達”なのかは議論の余地があると思いますが、
あくまで主観とお考えください。
イメージがどうしてもわかない方は、例えば、最大公約的に、
TOEICのリスニングセクションで満点、とでもしておいてください。

本題に戻って、何が誤解かというと、
身に付くまでの時間を少なく見積もっている人が非常に多いと
経験から感じています。

その一つの原因として、
英会話を“習い事”としてとらえる風潮が大きな原因になっていると思います。

つまり、他の習い事(いけばなやダンスなど?)を、
ある程度できるようになる(客観・主観で)までの時間と、
英語がある程度できるようになるまでの時間には、
大きな隔たりがあると思うからです。

もちろん、英語の方が断然時間がかかります。

週1回で、3か月位英会話のレッスンに通えば、
“少しは英語ができるようになる”と思っている人がとても多く、
それが、結局、途中で投げ出す原因になっているのです。

実際は、(残念ながら?)とてもじゃないけど、
それくらいの量では、何の実力もつきません。

では、実際どれくらいの学習時間を見積もっておけば
いいのでしょうか?

ある説によると、3000時間英語に触れる(読み、書き、話す、聞く)と、
非ネイティブとして支障なく英語を
(ある程度)インプット・アウトプットできるようになるらしいです。

又、いわゆる、英語を英語として理解できるようになるリスニング力が
身に着くのには、1000時間、集中して英語をインプットする必要があるとのことです。

ちなみに、
上記の2つの数字は、ぼくの体験からもその通りだと思います。

これを長いと思うか、短いと思うかは人それぞれだと思いますが、
漠然とでもこのような数字を頭に入れて英語学習にのぞむことで、
逆にあせらず、長く続けられ、それがいい結果に結びつくと思います。

もちろん、人によって英語学習のゴールは様々ですから、
50時間くらいの学習時間で達成可能な目標もあると思います。
それはそれで、達成すれば個人的な素晴らしいアチーブメントだと思います。

P.S. 学習時間をしっかり意識して、確実に学べる教材はこちら。
1000時間ヒアリングマラソン(通信講座)
ぼくは個人的に随分お世話になりました。
本気の学習者には超お勧めです。

スポンサードリンク