英字新聞でするTOEIC Part7の勉強法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英字新聞でするTOEIC Part7の勉強法

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、英字新聞を使う、TOEIC Part7の勉強法です。

まず、おすすめの英字新聞はありすか、という質問をよく受けるのですが、これは特にありません。

最初はフィーリングで選んで、途中で変えても大丈夫です。

Part7というセクションは、

ひとつひとつの英文をしっかり理解する読解力

一語一句全部読まなくても、長い文章の重要な部分を把握できる力

そして最後に、自分の探している情報を見つけ出す力、

が問われます。

一言に英文を読む、と言っても、細かく見るといろいろな力があるんですね。

 

今回紹介するのは、特に、

一語一句全部読まなくても、長い文章の重要な部分を把握できる力、

をいかにして、英字新聞を使って上げていくのか、について書いてみます。

 

まず、英語の長い文章(記事)がどのようにして構成されているか、その基本を押さえる必要があります。

簡単に書くと、英語は段落で構成されており、最初の段落がその記事のイントロダクション、

最後の段落は、その記事のまとめ。

そして、真ん中の段落(複数)は、細かな詳細、ということになります。

つまり、最初の段落さえ読めば、その記事が何についてのものなのか、わかる、ということなので。

この知識はとても大切です。

 

そのような段落の構成を頭に入れて読むことで、理解度がより増します。

そして、Part7の正解率も上がります。

もう少し詳しく書くと、各段落の最初の数行(場合によっては1行)は、その段落が何について述べられているのか、について書かれています。

つまり、Part7の答えを探している時、

各段落の内容がある程度把握できていれば、明らかに答えがないと思われる段落を全部読んで、

時間を浪費せずにすむわけです。

反対に、この段落に答えが書かれていそうだ、とある程度確証が持てれば、その段落をしっかり読めばいいわけです。

このような構成を頭に入れながら、英字新聞の記事を読んでみてください。

Part7攻略に役立つだけでなく、読解力もどんどん上がります。

スポンサードリンク