TOEICのおすすめリーディング教材について - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

TOEICのおすすめリーディング教材について

スポンサードリンク

TOEICのリーディングセクション、

特にパート7は英文読解力を問われるパートです。

 

英文読解力が上がると、それに比例してスコアも上がります。

 

では、英文読解力はどのようにすれば上がるのか?

 

答えはいたってシンプル、“英文を沢山読む事”です。

 

強調したいポイントは、

TOEICのリーディングパートのスコアを上げようとするとき、

 

1.TOEICの教材を買って問題を解く
2.自分が読みやすい英文を沢山読む

 

大きく2つの選択肢があると思いますが、

 

多くの人は、1を選択しがちだと思うのですが、
ぼくのおすすめは断然2です。

 

その理由は、そちらの方が、普通、
“英文を沢山読む事”が実現しやすいから。

 

もしかしたらあなたもご経験があるかもしれませんが、

 

TOEICのリーディング問題は多くの学習者にとって難しすぎます。

頭を抱えて、英文とにらめっこする、

 

そんな学習時間も大切ではありますが、それだけではバランスが悪いのです。

 

英文を頭に取り込んでいる“量”が圧倒的に少ない。

 

 

にらめっこの時間は、英文読解力向上には直接的につながらないのです。

 

そうではなく、自分が興味を持って読み進められる

本なり新聞なり、ウェブ記事をチョイスして、

それをとにかく消費する。

 

そんな単純作業が、英文読解力向上に直接つながります。

 

極端な話、

 

自分にとってハードルが高い英文1文を、1時間かけて“解析”するより、
同じ時間をつかって、中学1年生の教科書を1冊読んだ方が、
英文読解力は上がるのです。

 

読んだ“量”に応じて英文読解力が上がる、というのは厳然たる事実だからです。

 

そして、英文読解力が上がれば、TOEICリーディングセクションのスコアが上がるのです。

 

英文を読むのに自信がない、

又は今まであまり経験がないあなたは、

 

自分のレベルにあう英文の本が、比較的大きい書店に行けば沢山あります。

 

 

学習者用レベル別になっている、いわゆる“グレイデッド・リーダーズ”とよばれている教材です。

是非探してみてください。

 

学習者向け英字新聞のThe Japan Times STもおすすめです。

http://st.japantimes.co.jp/

 

沢山英文を読みこなすうちに、

自然にTOEICのリーディングセクションのスコアが上がっていく、

それは誰にでも経験可能なルートなんです。

 

英文と格闘するのではなく、

スムースに頭に入る英文を沢山取り込む。

 

それが、キーポイントです。

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
洋書多読成功の秘訣

*英語力アップの耳寄り情報、随時更新中!「いいね!」クリック!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

http://www.facebook.com/englishltd1

スポンサードリンク