TOEICのおすすめヒアリング(リスニング)教材について - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

TOEICのおすすめヒアリング(リスニング)教材について

スポンサードリンク

TOEICのヒアリング(リスニング)セクションのスコアを
ストレスなく上げていく考え方を紹介します。

 

まず知るべきは、

TOEIC云々は置いておいて、
一般的なヒアリング(リスニング)力が
上がれば、自然にTOEICのスコアが上がる、ということ。

 

このポイント、実は非常に大切です。

 

なぜなら、比較的ストレスが多く、
従って成果もそれほど上がらないと思う方法は、

TOEICの問題を使ってヒアリング(リスニング)学習をすること、
だからです。

 

意外ですか?

 

でも、“集中して沢山の英語を聴く”事が

ヒアリング(リスニング)力上達の鉄則なので、

 

そうすると、TOEICの問題はあまりにも面白くない(笑)

 

そして、当然レベルは一定なので、
自分の今のヒアリング(リスニング)力に合わせて学習することが不可能。

 

では、どうすればいいのか?

 

非常にシンプルに、ヒアリング(リスニング)力を上げる事だけに

フォーカスすればいいのです。TOEICは忘れて。

 

以下のポイントをおさえれば大丈夫。

 

自分が興味がある(集中して聴ける)素材で

しっかりした日本語スクリプトが付いている素材を

意味をしっかり理解した上で、

繰り返し聴く。

 

 

要は、“集中した時間”と“聴く量”を稼ぐ事が大切。

それに比例して、ヒアリング(リスニング)力は必ず伸びていきます。

 

ぼくは、大好きな海外ドラマを字幕なしで見ていたら、
いつの間にか、TOEICのヒアリング(リスニング)セクションで

満点が取れた、という経験をしています。

 

結論としは、

 

TOEICのヒアリング(リスニング)教材選びは、
TOEICにこだわらないこと。

 

自分のレベルと興味に合わせて、
ヒアリング(リスニング)力向上の鍛錬をしていく。

 

TOEICのヒアリング(リスニング)問題を解くのは、
試験直前に、“慣れる”事を目的に演習するだけで十分だと思います。

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「英語が聴き取れない理由」
http://englishltd.com/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-2/24062011-194.html

*英語力アップの耳寄り情報、随時更新中!「いいね!」クリック!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

http://www.facebook.com/englishltd1

スポンサードリンク