英語学習、もうやめませんか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習、もうやめませんか?

スポンサードリンク

仕事柄もあり、

自分も含めて日本人が、外国人と英語コミュニケーションをする場面に沢山出会います。

 

そんな中で気づいた事をシェアします。

 

良い英語コミュニケーターと、

そうでない英語コミュニケーターを

決定的に分けている要素があることに気づきました。

 

それは何だと思いますか?

 

英語力?

 

いえ、違います。

 

ぼくの経験から、質の高い英語コミュニケーションに占める英語力の割合は

低いとすら思います。

 

では、何なのか?

それは、

確実に、“その人自身のメンタリティー”です。

自己評価の部分。

 

自分は、

英語“学習者”なのか、

英語“使用者”なのか。

 

仮にTOEIC900点の人でも、学習者メンタリティーの人のコミュニケーションは何処かおぼつかない。

学習者にとって間違わない事が一番大切なので、

コミュニケーションの段でもそこにプライオリティをおいてしまっている。

間違いを意識すると、自信が持てない、それが相手にも伝わって、

英語が伝わりにくい状況を生み出している。

 

逆に、TOEIC300点の人でも、英語力に関係なく、とにかく自分は英語“使用者”なんだ、

誰に何を言われようが、手持ちの英語力で目の前の状況を切り抜けるんだ、

というメンタリティーの人は、英語が通じている。

気持ちよくコミュニケーションできるんです。

 

ぼくはそんな場面に何度となく出会っています。

 

繰り返しになりますが、

英語が話せる、話せない、を分けているのは、

学習が足りないせいではなく、

あなた自身の自己評価が低いせいなんです。

 

もちろん学習は必要ですが、それはそれ、

実践の場面と学習は分けて考える。

 

では、どうすれは自分の自己評価を上げる事ができるのか?

どうすれば、学習者マインドから使用者マインドに変換できるのか?

 

それは、

 

英語は正しいか否かがポイントではなく、気持ちよく通じるか否かがポイント、

と肝に銘じること。

 

間違ってダメだという価値観は、学校とテストだけの超狭い世界のもの。

実世界でその考えは通用しない。実世界では数を売って通じてなんぼ、

減点方式ではなく、加点方式であることを理解すること。

 

例えば、

TOEIC200点でも、とにかく100個英語を発して97個間違っても3個通じる人、

 

TOEIC900点でも、間違いを恐れて3個英語を発して1個間違えて2個通じる人、

 

加点方式の現実世界の英語の現場では、前者の方が勝つのです。

間違いの数は関係ない。

 

常に誰かの、何かの基準を満たそうとする学習者マインドは実践の場面には持ち込まない、

 

“今の自分の英語力”で発信する、勝負する。

英語使用者になるのは、誰かの基準を満たしてからではない、

誰でも、常に“今”、英語使用者になれるんです。

 

そんな事を、

移民が手持ちの英語力で力強く生きている街、

ロンドンで考えています。

 

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 ぼくが「文法なんかどうでもいい」という理由

http://englishltd.com/learing-method/mindset/20102012-1116.html

 

最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」クリック!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

 

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

 

スポンサードリンク