TOEIC教材 比較する前に読んでください - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

TOEIC教材 比較する前に読んでください

スポンサードリンク

TOEICの試験対策をする時、

 

学校に通って学ぶか、

独学するか、

 

まずその2択に迫られると思います。

 

 

どうしても1人では出来ない、強制力がないと学習できない、

という人を除いては、ぼくのおすすめは独学です。

 

理由は2つ。

1.しっかりしたクオリティの教材が市販されているので、それを選べば1人でも十分学べる。

2.断然経済的。

 

理由の2は明らかな事実だと思いますが、問題になってくるのは理由1。

 

それはわかっているけど、その、“クオリティの高いTOEIC教材”の

選び方がわからない、

書店に山のようにあるTOEIC教材のなから、良い物をみつけるのは至難の業だ、

 

という人が多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回はぼくが考える、

 

 

“クオリティの高いTOEIC教材”を選ぶコツをお伝えします。

 

とってもシンプルです。

 

ポイントは3つ。

 

A: 著者で選ぶ

B: 出版社で選ぶ

C: 売れている素材が自分に合うとは限らない

 

詳しくみていきましょう。

 

A: 間違えのない著者というのは、

“TOEIC講師(著者)”を職業としている人。

 

それが職業なので、変な物は書けるはずがないんです。

 

注意が必要なのは、何となくすごそうな肩書きにつられること(笑)

 

いくらアカデミックな英語の経歴がすごくても、TOEICの知識というのは別物なんです。

TOEICの知識は、やっぱりそれを専門にしている人に聞くべきなんですね。

 

ちなみに、そんな理由で、

ぼくもTOEICの本を書けと言われれば、書けますが、

クオリティは良くならないでしょう(笑)英語は知ってますが、TOEICは知らないので。

 

 

B: 良いTOEIC本を出している出版社というのは、

 

つまり、そこの編集者の方がしっかりしているという事。

 

その逆もしかり。例えば、今使っているTOEIC本がしっくりきているなら、

次の1冊は、同じ著者か、同じ出版社の本を選べば間違いないでしょう。

 

ちなみに、

ぼくが個人的にクオリティの高いTOEIC本を出版しているな、

と思う出版社は、

 

アスク出版、アルク出版、コスモピア出版です。

 

(全ての出版社の本を見たわけではないので、あくまでぼくの目の届く範囲で)

 

C: これは気をつけるべきポイントです。

 

“売れている”というのと、“良い教材”というのは、

 

必ずしも一致しない、というのは真実です。

 

いかがでしょうか?

 

 

是非、あなたのTOEIC学習のお役に立ててください!

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

「 TOEIC教材おすすめランキング この5冊が間違いない!」

http://englishltd.com/news-in-english/11122012-1286.html

 

*英語力アップの耳寄り情報、随時更新中!
「いいね!」クリック!

 

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

スポンサードリンク