直球勝負!「英語が話せるようになる」考え方 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

直球勝負!「英語が話せるようになる」考え方

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語アウトプット力を上げるための考え方について書きます。

ぼくは、成人になってから、英語アウトプットが全くできない状態から、
今、ある程度自信を持ってできる状態になりました。

そんなぼくが英語アウトプットの際、意識していること、
より良いアウトプットにとって、とっても大切だと思うことの1つをシェアします。

それは、英語アウトプットというのは、「英作文」だけではない、ということ。
(英作文することは英語力アップにはとてもいい方法なんですが、
それは今回のテーマではないので置いておきます)

英作文というのは、自分で“作る”、ある程度創造的な作業だと思います。
そして、創造的な作業というのは、通常、ある程度時間がかかるものだと思います。

でも、実際の英語アウトプットの場面では、そんな“作文”している猶予がない場合も多いですよね?
むしろ、猶予がない場合の方がほとんどだと思います。

英語アウトプット=英作文だという意識がある人ほど、リズムよく話せない、そして
思い通りアウトプットできないもどかしさ、が生まれると思います。

その解決方法とは?

ぼくの考える、英語アウトプットというのは、
単純に、「英出文」(造語)だと思っています。

どういう意味かというと、

コミュニケーションの速度が高まれば高まるほど、
英語アウトプットをいちいち頭の中で“作文”している余地はなくなってくるわけで、

ではどうするかというと、自分の中、又は外に「すでにある」英文なりフレーズなりを、自分を通して、”出す”という作業になると思います。

究極的には、英語アウトプットというのはそういうものだと思っています。

極端に書くと(もちろんそうでない場合もありますが)、

自分で聴いて理解したもの、又は、どこかで読んだ、
見つけたものを、自分の口、手を介して、
その場面に応じて適切に“リプロデュースするだけ”だと思います。

あなたはいかがでしょうか?
アウトプット=英作文ととらえると、
英語アウトプットが面倒くさくてうっとうしくてたまらない時ありませんか?(笑)

でも、必ずしもそうする必要はなく、
英語アウトプットするときは、極端な話、どこかに書かれていた英文、
誰かが言っていた英文をマルマル自分を介して出す、それで全然OKだと思うんです。

テストではないので、それがダメな理由は一切ないんです。

それで、マルマルどこかの(だれかの)真似の英語ばかり話していて、
英語力がつくのか、と疑問に思う人もいらっしゃるかもしれませんが、

ぼくはずばり、
そのこと(真似をする)自体が英語が話せるようになる過程の本質だと思っています。

マルマルしゃべりでも、誰かの猿真似でも使い続けていれば、
いつかは自分のものになるんです。 絶対。

結論としては、

英作という煩わしい作業を得なくても、英語アウトプット力は上がる。
出してナンボ、出す過程は何でもアリ、です。

*英作の威力について書いたコラムです。こちらもお読みください。
「1人でできる!英語ライティング練習法(IELTS, TOEFL, ビジネス英文メールもOK!)」
http://englishltd.com/grammar-and-writing/bizmail/04122012-1251.html

P.S. 英語コミュニケーション力アップの秘訣を盛り込みました。自信作です。
川合の著書「つながる英会話」

スポンサードリンク