英語が話せる超シンプルなメカニズム -インプットとアウトプットの量とバランス- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語が話せる超シンプルなメカニズム -インプットとアウトプットの量とバランス-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今回のテーマは、英語インプットの量です。
至極当たり前のことを書いてみます。

当たり前の事にこそ真理がある、
きれいな湖ほど、底が浅く見えるっっていいますので。

母語において、言葉の習熟度上昇カーブが、外から見てもわかりやすい年代は、
2~4歳前後ですね。

それくらいの年代で、
なおかつ英語と日本語に同時に触れる機会が多い子供たちに接する機会が多いなかで、
発見したことをシェアします。

それは、
インプットの量が、そのままアウトプットの能力に比例している、
ということです。

これはぼくにとっては世紀の大発見でした。

例えば、
日常的なインプットの比率が、英語:日本語=4:6であれば、
話す能力も、英語:日本語=4:6 なんです。

それで、ある時期、英語:日本語=9:1になると、
1カ月ほどで、話す能力もそれに比例してくるんです。

この変化に関しては、子供のスーパースポンジ脳のみ成せるワザで、
大人の学習者には当てはまりませんが、
ポイントは、インプットの量がアウトプット能力に比例する、という点です。

至極当然といえば、当然なんですが、

ぼくのような面倒くさがりの人間は、「英語をもっと流暢に話す事」
1つとっても、何か近道をいつも探しています。
でもないんですね、近道は。

インプットを増やさんことには、アウトプット能力は上がりえない、
これは事実です。

ぼくの英語を聞いたあなたが、
もし、仮に、万が一、流暢な英語だなと思ったのだとすると、
その根本的な理由は1つだけ。
ぼくのこれまでの英語リスニング量です。
(学習という意味ではなく、もっと広い意味での)

*「英語多聴」に関してはこちらのコラムに詳しく書きました。
併せてお読みください。
「ぼくが発音がいいと言われる訳-英語多聴の効果-」
http://englishltd.com/conversation/englishcomm/14122012-1311.html

さて、まとめとして、
英会話力(アウトプット力)を向上させたいあなたへ、

「インプット、増やしていきましょう!」

というのがぼくからのメッセージです。

 

P.S. ぼくのiPhoneに入っているオーディオブックの1つ。

個人の時代のオピニオンリーダーでもあり、世界的に有名なマーケッターでもある、米セス・ゴーディン氏の「Linchpin」。フリーランスや起業家、アーティストには特に共感できる内容です。
これからの社会のあり方、人の働き方について機知に富んだ一冊。
これを本人朗読のオーディオブックで聞くと、やる気上がります!

Linchpin: Are You Indispensable? [Abridged, Audiobook] [CD]
Seth Godin (著, 監修)

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク