英語のアクセント、訛りについて—良い訛り・悪い訛り、普通の訛り?— - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語のアクセント、訛りについて—良い訛り・悪い訛り、普通の訛り?—

スポンサードリンク

英語と一口にいっても、そのアクセント・話し方、訛りは、

英語圏の国(そして英語圏以外の国)により様々です。

 

イギリスでもオーストラリアでもニュージーランドでもカナダでもアメリカでも。

国ばかりか、その国の地域によっても、全然違ってきます。

 

 

例えば、イギリスは日本よりも面積が小さい国ですが、そのアクセント・訛りのバラエティーはとても豊かです。

 

例えば、ロンドンで若者が話している英語と、皇室の人々が話す英語は随分違う。

 

さて、“違い”はいいのですが、

この英語のアクセント・訛りに関して、誤解と偏見があると思いますので、ぼくの見解を書きます。

 

日本人の英語学習者のこんな意見をしばしば耳にします、

 

「Aという国(地域)は英語の訛りが強いらしい、そんな英語は学びたくない」

 

「SさんはBという国(地域)出身だから、英語の訛りが強い。彼の英語は正統派ではない。」

 

この類いの意見にぼくは疑問を持っています。

 

 

なぜかというと、そもそも、絶対的に“標準的な英語”というものはもはや存在しないと思っているからです。

 

標準がないから、それに対しての訛りもアクセントも存在しない。

 

特殊なケースを除いて、英語を学ぶとうことは、

その時点で、ある程度、国際的な状況・環境に身を置くことを意味すること思っています。

 

そうすると、様々な種類の英語に出会うという状況が、英語を使う日常になってきます。

 

国際的に英語を使う現場では、意思の疎通が第1に大切、

相手を認め、自分を表現する、それが英語を使ってリアルに生きる、ということ、

 

そんなわけで、

何が正統で、何が標準で、何が訛りがある、という論争はそんな状況では全く陳腐で無意味なものだと思うのです。

 

 

自分が何かの英語にこだわって、それを話すように努力するのを否定している訳では一切無く、何か標準的な英語があり、それ以外の英語はそれに比べて劣る、という考え方に違和感を覚えるのです。

 

事実、ぼく個人としては、イギリス英語、もっと厳密に言うと、イギリスのイーストエンドで話されている下町英語に魅了を感じ、その英語を話そうと試みています。

 

そんなぼくが、イーストエンド英語以外の、例えばパキスタン人の人が話す英語、ポーランド人の人が話す英語の事を、自分の英語に比べて、訛りのある英語であると考える、ましてや、“変な”アクセントの英語であると捉えるのは、至極滑稽なことではないでしょうか?

 

英語のアクセント・訛りに優劣がないのは、世界の国地域の間に優劣がないのと同じだと思っています。

 

結論としては、

 

これから更に多様化するであろう、英語のアクセント・訛り自体に偏見を持つのはナンセンス、

 

そうではなく、英語独特のコミュニケーション態度を学ぶという意識を持った方が、よっぽど“使える”英語を使えるようになるでしょう。

 

特に、英語学習を始めたばかりの人は、そんなことにこだわらずに、出会う英語全てを吸収する心意気の方が、上達が早いですよ。

 

英語は全部英語です。

 

p.s. 優劣ではなく、もちろん、個人の好みはありますけどね(笑)

 

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

「バナナの発音から英語アクセントを考える-大阪弁とイギリス英語-」

http://englishltd.com/news-in-english/11122012-1294.html

 

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!
http://www.facebook.com/englishltd1

 

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

 

スポンサードリンク