誰でも、勉強しなくても、試験当日、TOEIC50点アップする方法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

誰でも、勉強しなくても、試験当日、TOEIC50点アップする方法

スポンサードリンク

TOEICの直前にできる、点数アップ秘密の方法をお知らせします。

 

この秘密の特徴は、

 

誰にでもできる。

勉強しなくてもいい。

時間がかからない。

お金もそれほどかからない。

即効性がある。

 

です。

 

その方法とはずばり、

TOEIC受験当日の食事法です。

 

言い換えると、

TOEIC受験の際、MAXの集中力を出すための食事法、です。

 

TOEICが、持続した集中力を必要とする試験であることは、ご受験経験者の方ならお分かりだと思います。

 

まず、

 

1.試験開始時間から逆算して3時間前に食事時間を設定する。

(胃に入った食べ物が消化されて、頭にいい感じに血流が回ってくるのがそれ位といわれています)

 

2.その際、卵を入れたカレーを食べながらコーラを飲む。

(スパイスは頭脳を刺激します。カレーのガラムマサラも脳に良いといわれています。

卵黄レシチンも頭脳の働きを活発にするといわれています。

脳の原動力はブドウ糖ですが、砂糖水であるコーラは速攻で脳に効きます。)

 

3.試験時間までの移動時間や待機時間におやつとして、

アーモンドチョコを食べ、コーラを飲む(コーヒーでも大丈夫)。

(チョコレートのカフェインは脳の覚醒効果、ブドウ糖は前述の通りです。

アーモンドに豊富に含まれているビタミンEは脳の働きをよくするといわれています。コーラは前述の通りです)

 

4.試験直前、コンビ二で売っている200円位の栄養ドリンクを飲む。

(こちらもカフェイン+ブドウ糖効果です。高価な栄養ドリンクは体に効く本格的な成分が入っているので、

速攻性のあるカフェイン、ブドウ糖のみが目的の場合は、高くないので十分なんです)

 

これで、現在持っている能力をフル回転して、

最高の脳コンディションで、試験にのぞめます。

 

ぼくがこれを試して試験を受けた時、

2時間のテストの間、全く集中力が途切れないばかりでなく、

終了後、後2セット位は余裕で受験できる位の勢いでした。

 

この食事法の唯一の注意点としては、

体にいいかどうかは不明なところです(笑)

 

まあ、3ヶ月に1回くらいは、いいんじゃないでしょうか??

 

TOEICテスト、Good Luck,

スポンサードリンク