アドバイスはいらない。おすすめの英語リスニング教材は自分だけが知っている - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

アドバイスはいらない。おすすめの英語リスニング教材は自分だけが知っている

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今回は、リスニングとスピーキングの関連性について書きます。

食べたものは、消化されて必ず出てくる、食べないものは絶対出てこない、
それは当り前のことだと理解いただけると思いますが、

リスニングとスピーキングの関係も全く同じだと考えています。

リスニングとスピーキング、つまり、インプットとアウトプット。

例えば、どんな場面でもいいのですが、特定の場面で英語が口から出てこない、
あなたはそんな経験をされたことがありますか?
(ぼくは山ほどあります)

その理由は大きく2つあります。

1つは、“英会話に慣れているかどうか”、

そしてもう1つが、今回のテーマです。

それは、

(出てこない)その英語を(十分)インプットしてないから。

ものすごく単純です。
インプットしていない、頭に入っていない英語は出てくるはずがありません。

口から入れてないのが、下から出ないのと同じ理屈です(笑)

そして、もう少しつっこんで、学習的に考えるなら、
アウトプットを意識したインプットが、一番“効率”が良いんです。

出したい英語を入れる、それだけです。

自然の流れとしては、自分が好んで聞く英語というのは、結局、話したい英語と
イコールであるはずなんです。

しかし、それが、“学習のため”とかいう理由を自分で作り出すから、(アウトプットで)使えない英語をインプットしている人が多いように感じています。
本末転倒です。

ぼくの場合のインプットの基準は、至極単純に、聞きたいかどうか。
良いモノ、身に付くもの、が判断基準ではなく、聞きたいかどうか、です。

そんな、自分の好みでインプットした英語を、ぼくは話しています。

英語の有名なことわざで、
You are what you eat、(あなたが食べたものがあなた自身)
というのがありますが、

You are what you listen to、(あなたが聞いたものがあなた自身)

だと思ってます。

P.S. リスニングとう話題については、以下の記事もお役に立ちます。
「リスニング上達の原理原則 2つの原則」

http://englishltd.com/listening/29052011-90.html

P.P.S. こちらは「You are what you eat」というタイトルの、健康自己啓発本。
イギリスで大ヒット中とのことです。
You Are What You Eat: The Plan That Will Change Your Life [ペーパーバック]
Gillian McKeith

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク