日本人が知らない秘密のスラング:“ピッグラテン”、“バックスラング”とは? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

日本人が知らない秘密のスラング:“ピッグラテン”、“バックスラング”とは?

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

先日、BBCのニュースを聞いていて面白い話題がありましたので、
シェアさせていただきます。

パーソナリティーがこんな風に言ったんです、

「最近、イギリスのプロテニスチームは、国際試合の際、
相手チームに相談を理解されないように、バックスラングをつかっています。」

え?
ばっくすらんぐ?

初めて聞く言葉だったので、調べてみました。

「Back slangというのは、英語の言葉遊び、言語コードの1種で、単語の音を後ろから読んで発音する、簡単に言うと、逆さ言葉のようなものである」

例えば、Boyは、Yobと発音する。

詳しくはこちらのリンクを:http://en.wikipedia.org/wiki/Back_slang

へ~!!

勉強になりました。

実は、先ほどのコメントに続いて、別のパーソナリティが以下のような質問をしたのです。

「バックスラングは、ピッグラテンとは、どう違うのですか?」

え??
ぴっぐらてん?

こちらも初めての言葉だったので調べてみると・・・、

「Pig Latinとは、単語の最初の子音を最後に移し、更にeiの音を追加する言葉遊び、言語コード。ラテン語の響きに似る事から、そのような名称がつけられた」

例えば、
happyは、appy-hayになります。

詳しくはこちらのリンクで:http://en.wikipedia.org/wiki/Pig_Latin

色々あるものだな~、と思いました。

英語ネイティブスピーカーにこの話題をすると、
「バックスラング」の方は特に知らない人も結構いたくらいなんです。
普段は使わない特殊な言葉遊びのようです。

日本では殆どの人が知らないと思いますので、極めれば、
第一人者になれますよ。いかがでしょうか?(笑)

雑学として知っておくと、何かの役に立つかもしれません。

P.S. 英語のスラングにご興味のあるあなたには、こんな辞典もあります。
米英俗語辞典 [単行本] 内野 泰子, 小西 和久

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB】

スポンサードリンク