ぼくが発音がいいと言われる訳-英語多聴の効果- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

ぼくが発音がいいと言われる訳-英語多聴の効果-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今回は、ある程度英語が聞き取れるあなたに対するコラムです。
(目安としては、TOEIC700以上くらいかな?)

ぼくは移動中や家事をする時、 Podcast番組を聞いていることが多いです。

多い時で24番組程度、今は10番組程、定期更新して聞いています。
(番組タイトル・内容は、また別の機会に紹介しますね)

移動中や“ながら”なので、必ずしも集中して聴いているとはいえないですが、
5年程、そんなPodcastの多聴生活を続けて、気づいた事があるので報告します。

(時期によってムラはあるものの、1日の平均Podcast多聴時間は
大体1時間~2時間位だと思います。)

気づいた事、それは、

自分の発音を以前より客観的に判断できるようになり、
その結果、発音が良くなった!

理由は、

多聴で、常に耳をナチュラル英語(ぼくの場合はBBC)にさらすことで、
自然と、英語的な音が身体にしみ込んだから、です。

日本人が英語リスニング力を上げていく段階を簡単に書いてみると、

1.英語独特の音になれて少しずつ聞き取れるようになる

2.日本語を介せずに、ある程度意味が理解できるようになる

(多聴はここのタイミングで行うのが正解です、そうすると以下の3の状態に行けるんです)

3.英語の音・リズムが体(頭)にしみ込む。

3の状態になるとどうなるかというと、
自分が発する英語と、いつも聞いている自然な英語の音の違いを感じられるようになり、
そのギャップを埋めて、より自然な英語のように行くように
自然矯正できるようになるんです。

結論としては、

ある程度リスニング力がついた段階で、
徹底的に多聴すると、発音がとてもよくなる!

P.S. 多聴の素材は、自分が興味を持てるのを選ぶのが正解です。
今はオーディオブックも充実していますので、

●スティーブジョブスの人生を聞く!学ぶ!
Steve Jobs (Audiobook, Unabridged)  Walter Isaacson

●ハリー・ポッターを1から聞きこむ!楽しむ!
Harry Potter Audio Boxed Set (Harry Potter Signature Edition) J. K. Rowling

●ちなみに、こちらがぼくの多聴ライフ・超ヘヴィーローテーション。
尊敬する、英コメディアン、リッキー・ジャ―ベイスのポッドキャストトークショー。確か、ダウンロード数がギネス記録にもなっているはずです。
とにもかくにも抱腹絶倒。過去3,4年の間に何回聞いたかわかりません。いまだに聞いています。
Ricky Gervais Podcasts

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク