全レベル対応、試験当日のこの姿勢がTOEIC スコアアップにつながる! ―100%未満の力で100%以上の実力を出す方法― - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

全レベル対応、試験当日のこの姿勢がTOEIC スコアアップにつながる! ―100%未満の力で100%以上の実力を出す方法―

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平。

最近人から聞いた実話が、TOEICスコアアップにつながると思いますので、
シェアさせていただきます。

アメリカの、とある陸上チームでタイムが伸び悩んでいる選手達がいたそうです。
練習を積んでも積んでもなかなかタイムが伸びない。

そんな状況の中、
コーチがかけた、ある一言だけで皆のタイムが軒並み伸びたそうです。

さて、どんな一言だったと思いますか?

答えは、
「90%の力で走ってみる」
ということでした。

普段は全力疾走を心がけていた選手たちですが、
90%の力という風に意識して走ってみるとタイムが伸びたんです。

言い換えると、10%は意識的に力を抜くということで、タイムが伸びたんです。

TOEIC受験に話を戻します。

ガチガチに頑張って受験するよりも、気軽に受けた時の方が点数がよかった、
という話は、意外によく聞くんですよ。

10%の力を抜く、余計な力が抜けた方が、
人は本当の能力を発揮しやすいと思います。

TOEIC受験の際も、「90%の力を出すぞ」
という位の若干力が抜けた感じの方が、いいスコアが出やすいのではないでしょうか?

あなたのTOEICスコアアップ法も是非教えてください!
*コメントは、FB、Twitterを通じてお気軽に。

P.S. 今このTOEIC教材がすごいんです。

新TOEICテスト でる模試 600問  ハッカーズ語学研究所

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク