バナナの発音から英語アクセントを考える-大阪弁とイギリス英語- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

バナナの発音から英語アクセントを考える-大阪弁とイギリス英語-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

伝わる英語を話すためには、
アクセントをはっきりさせて発音することが重要ということについて、
小話を1つシェアします。

日本でカフェに行って、バナナをオーダーすることがあるんですが、
「・・・それと、バナナ」と言うと、

ほぼ100%「えっ??」と聞き返されるんです(笑)

最初はなぜだかわからなかったんです。
ちゃんと日本語で、滑舌よく、「バナナ」と発音しているのに・・・。

それでしばらく考えて、ようやく答えに辿り着きました。

なぜだと思いますか?
正解は、
バナナの発音って大阪弁と関東弁で異なるんです。
(ちなみにぼくは大阪人です)

Bananaの発音、
大阪弁は、2つ目のaにアクセント。
関東弁は1つ目のaにアクセントがきます。

日本語はどんなアクセントでも通じると思いきや、
バナナの発音が通じないとは!

アクセントがそれほど特徴的でない日本語ですら
このような誤解があるので、

アクセントが非常にはっきりしている英語では、
なおさらアクセントに気をつけて話すのが、
“通じる英語”を話すポイントだと思います。

ちなみに、
バナナに関しては、大阪弁の方が、英語の発音に近いです。
殆ど同じです。

あと、大阪弁とイギリス英語の発音が同じな例としては、

トマトとポテトなんです。
両方とも、真ん中の音にアクセントが来ます。

これらの単語、関東では、最初の音にアクセントが来ますよね。
そして北米英語では、真ん中の音が「エィ」という音になり、
トメィト
ポティト
となります。

イギリス英語では、実はその「エィ」という音には
ならないんですよ。

ちょっとした、アクセントトリビアでした。

P.S. イギリス英語の話題が少し出たところで、
大好きなイギリス映画を紹介します。
ヒューグラント主演「アバウト・ア・ボーイ」DVD

イギリス人人気作家、ニック・ホーンビーの原作小説もかなり面白いですよ。
ペーパーバック

あ、あと、サントラも最高なんですよ(笑)

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク