英会話、なぜ一気に上手くならない?-話せる時と話せない時の落差についてー - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英会話、なぜ一気に上手くならない?-話せる時と話せない時の落差についてー

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今回はある程度の英会話なら・・・、
というあなたへの情報シェアです。

なんだか知らないけど、
英語をスラスラ話せる時と、
全然話せない時の落差がある。

そんな思いをされているあなた。
ぼくもそんな時期がしばらくありました。

解決法としては、大きな意味での英語力の上昇に比例して、
その落差は絶対縮まっていきます。

だから、安心して、あまり気にしないでくださいね、
というのが、根本的なアドバイスになります。

それは長期的なアドバイスですが、
短期的な、日常的に気をつけられることもあります。

それは、

「日本語脳を頭から消して、英語脳で英語を話すよう意識する 」

ということです。

日本語脳とか、英語脳とか、抽象的な表現ですみません。

自分の体験として、

1.自分が英語をうまく話せている時

2.自分が英語につっかえながら話している時

比べてみて、発見したんです。

それは、①の時は、純粋に英語を英語として、話している。
イメージとしては、起源も英語、
アウトプットも英語、という感じです。

それに対して、②の時は、どっかで日本語を考えている自分がいるんです。
そうすると、英語も結構グダグダな感じになります。

心がけとして、なるべく、
「日本語を頭から消して、英語脳で英語を話す」
という風に考えるだけでも、
アウトプットの英語のナチュラル度が違ってくると思います。

このテーマはとても深いと思います。
あなたのご意見も是非お聞かせください。
*メッセージは、FB、Twitterを通じてお気軽に!

P.S. ウディ・アレン監督の作品が大好きです。
彼の劇中での話し方(演技)は、脳から英語が溢れて溢れて仕方ない、
という感じで、とても特徴があり、それがコミカルでとても面白い。
言葉の芸術を感じられます。
この作品も面白いです。

「さよなら、さよならハリウッド」

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク