実践主義!この心がけが、英会話コミュニケーション力をアップさせる - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

実践主義!この心がけが、英会話コミュニケーション力をアップさせる

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

そもそも英語(英会話)を上達させるための
“コツ”というものは存在しない、
というのが、基本的なぼくの考えです。

しかし、ある程度の実力がたまっている(学習時間数をこなしている)
人に対しては、

“ここをもう少しこうすれば、もっと良くなる”
的なアドバイスは結構沢山できます。

今日はその1つのアドバイスをシェアします。

対象者は、
まあまあ、英語を使って、ある程度の意思疎通ができる、
または出来始めている、という方。

そんなあなたへ、今回はこのヒントをシェアします。

「頭ではなく、心と身体で英会話コミュニケーションするという意識を持つ。 」

英会話講師をしていた時、ずっと感じていたのですが、
英会話のレッスンで生徒さんをみていると、
そもそも、コミュニケーションが頭の中にある言葉の知識だけで完結してしまっている、
という印象を受けることがありました。

抽象的な表現ですみません。

つまり、
コミュニケーションとは言語だけではなく、
色んな要素が集まっていると考えていますが、
それらをほとんど使えていない、ということです。

もっと気持ちと身体も全部含めて、
コミュニケーションする、という意識を持つと、
会話も上達すると思います。

知識偏重ではなく、
もっと感情や身体を全部駆使して自分を英語で表現する、

そんなちょっとした気持ちの持ちようで、
あなたの英会話コミュニケーション、ぐっと良くなると思いますよ。

P.S. 「英語と感情と身体」の使い方を学ぶのは、
映画作品を見るのも一つのとても良い方法です。
この感情表現豊かな青春映画は、見応えがあり、おすすめです。
キーラ・ナイトレイが若い!(笑)
イギリス映画「ベッカムに恋して」原題は、“Bend it like Beckham”です。

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB】

スポンサードリンク