誰でもできる、英語発音上達のコツ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

誰でもできる、英語発音上達のコツ

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

相手に伝わる英語を話すために、文法や構文、
ボキャブラリー以前にもっと単純で、基本的で
大切な事がいくつかあります。

その一つを今回はシェアします。

それは、「口の開け方」です。

そもそも、
日本語を話す時に使う口の筋肉と、
英語を話す時に使う口の筋肉は違う、
それは、比較的よく知られた事実だと思います。

すご~く簡単に書くと、
英語の方が、アクティブに沢山口の筋肉を使うんです。

英語を発話する時に、日本語方式で、おちょぼ口で発話すると、
仮に文法や構文が完璧でも、
ナチュラルな英語として相手の耳に届かない可能性が非常に高い、
ということなんです。

もっと書くと、届いたのならそれはまだましな方で、
全然通じないことも多いんです。

まとめると、
これから英語を話す時は、

口の開け方に注意してみる!
多少大げさに開ける!
ことが“伝わる英語を話す”ために大切だと思います。

日本語を話すときには使わない口の形が沢山ありますからね。
音読系の練習もする時もそこに注意して、
お腹から声出して、口を目いっぱいあけて練習すると、
効果抜群ですよ。

P.S. 口の開け方は見本の人を観察するのが一番いい方法だと思います。
最近は手で持てて、それでいて大きな画面のタブレットも充実しているので、
英語学習環境、発音学習環境も最高だと思います。

「キンドル」 Kindle Fire HD

スポンサードリンク