英語でサーフィン?―自然な英会話に近づくための考え方― - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語でサーフィン?―自然な英会話に近づくための考え方―

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

ぼくは、英語が非常に自然だといわれる事が多いのですが、
その原因の一つがこの考え方だと思っていますので、それをシェアします。

それは、コミュニケーションは波(乗り)だと思う、ということ。

聴く方、話す方に共通のリズム感(波)が生まれれば生まれるほど、
より円滑なコミュニケーションになるという意味で。

それは、精神的な波調のようなものももちろんそうなんですが、
今回は、物理的な ”リズム(波)” について書きます。

共通のリズム感があればあるほど、”聴きやすい”、”話しやすい”
状態になります。
つまり、”伝わる”コミュニケーションになるんです。

英語コミュニケーションが難しいと感じる一因は、この波が、
日本語と英語では違うからなんです。

その部分を克服していくには、
まずは、日本語の波とは波の質が違うので、それを意識すること。

日本語の“ノリ”で会話するのではなく、英語の“ノリ”を意識する。
波が違うので、ノリかたも当然違って当たり前なんです。

英語の海に入っているのに、日本語のノリのままでは英語の波に乗れません。

そこは英語の波に身体を預けて、漂う、英語の波に身を任せる態度が英語独特のノリを身につけるキーです。

そういう意味ではサーフィンも英会話も一緒だと思ってます。

上達のポイントは、

1.実際の海に入って、
2.実際の波に乗る。

ということですよね?
ぼくサーフィンしないんですけど(笑)基本はそういうことだと想像します。

これは英会話でも一緒で、

1.(実際の)英会話に触れながら、
2.その波を意識して、乗るようにする

学習的に具体的に書くと、

1.英語独特のノリを身につけうる教材(素材)は、そのもの、つまり生の素材が一番だと思ってます。

2.リズム感を意識して、自分で真似てみる、ということがとても大切だと思います。

いかがでしょうか?

実践的方法としては、

●生素材でシャドーイング
●英会話で、相手の言葉をよく聴き、リズムを意識して練習を積む

ということ。

じっくりしっかり的確に話すことももちろん大切ですが、
臨機応変で、その場のフローに身を任せることも同じくらい大切なんです。
それは、生の素材、実際の英会話でしか学べない部分なんですね。

その両方がしっかりかみ合っている人、つまり、会話の流れを壊さずに的確に自分の意見を挟みながら会話を楽しめる人、
そんな人が、上級の英語話者といえると思います。

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「伝わる英語を話すコツ」
http://englishltd.com/conversation/08092011-911.html

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

【川合が効果を実感した、おすすめ英語学習教材】
「通訳席から世界が見える」新崎 隆子著

スポンサードリンク