英会話上達の“最強のループ”とは? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英会話上達の“最強のループ”とは?

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語講師をしている時、
良く受けた質問の一つ、
「英語を正しく、正確に話すにはどうすればいいですか?」

解決策は色々あるんですが、
今回は、その1つのアイデアをシェアします。

それは、逆説的な解決法で、
「どんどん間違いましょう!」
ということです。

その理由として、
英語を正確に話すには、

どれだけ沢山英語を口から出したか、で
決まってくるといっても過言ではありません。
ですから、とにかく場数を踏むこと、
が大切になってきます。

そして、沢山話す、場数を踏む、
どちらも、
間違いを気にしていたらできないことです。

ですから、コミュニケーションの場面では、
当然のことですが、
間違いを気にして何も話さないよりも、
間違いがらでも、流れを大切にして、
コミュニケーションを円滑に進める方が、絶対大切なんです。

そして、後から
(あっ、あの時、こう言った方がよかった!)
と思うのが、実は何よりの学びなんですよ。

実践、間違い、気づき、実践、間違い、気づき、

それが英会話上達の最強のループです。

P.S. 体当たりで英会話を上達させる、
ぼくが尊敬してやまない、アジアが誇るスーパースター、
ジャッキー・チェンもそんな過程を経て、いまでは英語ペラペラですね。

彼の自伝からは学ぶことが非常に多いです。
ぼくも読みました。
ハリウッドに初めて行った時、英語のセリフをどのように自分のものにしたか、
など、英語学習に役立つエピソードも確かあったはずです。
是非原書で読んでみてください。

念のため、こちらは和訳版です。

スポンサードリンク