基本・シンプルが実は一番効果的!(英語音読・シャドーイングなど) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

基本・シンプルが実は一番効果的!(英語音読・シャドーイングなど)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語を国内で、独学である程度までのレベルに
持ってくのを目的に学習する時、
キーワードになってくる学習態度(方法)は、
“繰り返す”事だと思います。

事実として、一朝一夕で英語力はつきません。

それは、今日筋トレをしたからといって、
明日いきなりプロレスラーみたいな身体になるかといえば、
ならないのと原理は一緒です。

身体は見えるからわかりやすいのかもしれませんが、
英語力にはまだまだ、“すぐに力がつく”というような
誤解を持っている人が意外に多いように感じています。

ただ、“普通に”英語学習していれば、必ず英語力は
徐々についていくんです。

レスラーが日々、普通のトレーニングとして、
地道にスクワットをする、腕立てをする、腹筋をする、
それで筋肉が徐々についてくる。
それと英語力も一緒です。

では、
英語の、特に英会話の普通のトレーニングとは何かと問われれば、

それは、
例えば、音読であり、読書であり、
例えばシャドーイングであると思います。

英語学習に小細工はいりません。
地道に続けていれば、必ず英語が話せるようになる。

“読書百篇意自ずから通ず”
という言葉が好きです。

変に小細工せず、実直に“繰り返し”ていれば、
知らず知らずのうちに必ず実力がついてくる、
と解釈できます。

英語学習もその精神で、
同じ教材を繰り返し、音読(シャドーイング)する。
とっても大切なことだと思います。

シンプルですが、超強力です。

“繰り返す”は、
なんでも早いことが良いとされる今の時代、
特に重要な考え方だと思います。

P.S. 楽器練習も繰り返しがキーワードですね。
こちら、ぼくの好きな映画です。
メリル・ストリープ主演の実話に基づく感動作「ミュージック・オブ・ハート」

スポンサードリンク