英会話が上手いような感じにみせる技 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英会話が上手いような感じにみせる技

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

いわゆる「英会話力」というのは、
いくつかの細かい要素で構成されています。

慣れ
構文力
語彙力
熟語力
スピード

その他色々あります。

そのどの要素も、実力の伸びを感じられるまでは、
ある程度の練習を必要とします。

でも実はその中で1つだけ、他の力に比べて、
極端に練習量が少なくてすむ要素があると思うんです。

何だと思いますか?

それは、英会話における
“ノンヴァーヴァル・コミュニケーション”。

つまり、しぐさ・表情などの、言葉以外の部分です。

これって実はすごく大切なんです。

実質的なコミュニケーションにおいては、
むしろ言葉よりも大切だとする考え方もあるくらいですから。

ですので、その部分だけでも、
英語ネイティブスピーカーっぽかったら、

言語の力が足りなくても、
足りない部分はかなりカヴァーできる、
というのがぼくの持論であり、
実体験からそのように確信しています。

では、どうやって
そのノンヴァーヴァルコミュニケーション力を磨くのか?

1つの方法は、

英語ネイティブスピーカー(または流暢な英語話者)
をしっかり観察して、自分に取り入れるクセをつけること。

実際の人でもいいですし、
洋画や海外ドラマなどを見ているときにも、
出演者のしぐさや目線など、外見にとにかく注目する。

そして、それを自分で真似してみる。

実際やってみると、
自分がいままでしたこともないような動きを、
英語ネイティブは結構普通にしてる事に気づくと思います。

それを身に着けることで、
あなたの英語コミュニケーション力がグッと上がるのです!

実際に人と会って話すときは、
しぐさも言葉も全部含めて、
パッケージ・ディール・コミュニケーションですからね。

英語を話すときは、
言葉だけでなく、ノンバーバルの部分も英語モードにする、
それがスムースな英語コミュニケーションの秘訣です。

P.S. 海外ドラマの情報収集はこのサイトが便利です。
「海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ」

http://www.tvgroove.com/

ちなみに、こちらはぼくの好きな海外ドラマの1つ、
「クローザ―」です。
主演のキーラ・セジウィックの魅力が炸裂しています。

スポンサードリンク