あなたの英会話、実は通じていない?ーニュアンスについてー - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

あなたの英会話、実は通じていない?ーニュアンスについてー

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

第2言語(第3でも4でもいいんですけど)
として英語を学習して話す人を見ていると、

間違ってないけど、ちょっと違う、
というような場面に出会うことがあります。

それが「(言葉の)ニュアンス」というものだと思います。

コミュニケーションにおいて、
この部分は相当重要な事だと思ってるんです。

もしかしたら、あなたもこれまで、この「ニュアンス」というやつに、
ガツーンといかれた経験があるかもしれません。

ぼくはあります。たくさん。
あとでそのニュアンスの違いを知って赤面、みたいな。

だって、基本的にはだれも教えてくれないんですから、
仕方ないですよね~。

学校の英語の時間に、
「リーダー」
「グラマー」
「LL」
みたいに、
「ニュアンス」
ってないですからね(笑)

でもある意味、「ニュアンス」は
「グラマー」よりも大切だと思っています。

もう少し具体的に書くと、

頭の中で日本語を英語にして、
自信を持って発した英語が、

1.実は最初に浮かんだ日本語より強い意味だった

2.実は最初に浮かんだ日本語より弱い意味だった

3.実は最初に浮かんだ日本語とは全く違う意味だった

というふうに相手に受け取られた。
という場合です。

自分の発言の意味の意図と、
相手が受け取る意味・感じのギャップということです。

よくあるケース、

How are you?
と聞かれて、I’m fineと同じ意味で、
I’m OKと言ってしまう。
(OKは英語では平均未満(またはギリギリ及第点)の状態です)

「気にしないよ」と言おうとして、
I don’t careと言ってしまう。
これは直訳すると「オレの知ったことじゃない」
という意味になります。
「気にしないよ」は正しくは、I don’t mindですね。

では、どうやってそんな英語的なニュアンスを
身につけていくことができるのか?

その答えは、

自分が英語を発した時の
相手の反応に敏感になること。

間違うのは仕方がないんです、
いや、間違うことは最高の学習になるので、それはいいんですが、

この英語を発すると相手はこんな反応をする、
という経験値を自分の中に貯めていく、
それが英語本来のニュアンス力を磨く鍵です。

自己満足的に自分の意図を発して終わり、ではなく、
相手の反応も含めて1セットと考える。

そういう意味で、優しい人、気遣いが出来る人、観察力が鋭い人というのは、
英語コミュニケーションがとても上手くなるポテンシャルが高いです。

逆に、英語の知識は多い、会話経験も高い、でも
英語コミュニケーションはなぜかいつもギクシャクしがち、
そんな人は、相手へのちょっとした気遣いが欠けている人かもしれません。

英語も日本語もコミュニケーションの基本は一緒、
語学力の前に、人としての常識的な人付き合いのデリカシーが重要です。

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。「英会話上達の“最強のループ”とは?」http://englishltd.com/conversation/englishcomm/07122012-1273.html

 

*最新記事の読みのがし防止!「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク