コックニー!(イギリス英語の1つの特徴) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

コックニー!(イギリス英語の1つの特徴)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

 

あなたは、

イギリス、お好きですか?

イギリス英語、お好きですか?

 

ぼくの答えは両方Yesなのですが、

あなたの答えもそうであれば、今回のコラムを

お楽しみいただけると思います。

 

コックニーについて書いてみます。

 

コックニー・・・・

 

コックニー英語とは、とっても簡単に書くと、

ロンドンの特定の地域で主に話されている、

下町労働者階級のアクセントがかなり強い英語のことです。

 

詳しい説明はコチラをご参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%BC

 

実はぼくのホントの英語は、訳あって、

少しマイルドなコックニー、

イーストロンドンの英語なんです。

 

正確に書くと、リラックスして・ダラッとして英語を話すとき、

そんな英語になります。

 

そんなコックニーの一つの特徴を紹介します。

付加疑問文に注目、、、

 

It’s a nice day, innit?

That’s alright, innit?

Very good, innit?

 

コックニーの特徴として、

これらは「イニッ」 って言うんです。

ちょっと鼻の奥にかかる感じで発音します。

 

付加疑問文って日常生活で多用するんで、

この「イニッ」もすごくよく使います。

 

コックニーもそうですが、

ぼくはこのような地域によるアクセントの違い、

方言などが大好きなんです。

 

あなたはどうですか?

 

P.S. こちらの映画の舞台は北イングランド。

当然、ロンドンとは全然違うアクセントになります。

そのあたりも気をつけて見ても(聞いても)面白いとおもいますよ。

超名作「リトル・ダンサー」(原題はビリー・エリオット)

ロンドンで上映しているミュージカルも最高です。

 

スポンサードリンク