教材の選び方 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

教材の選び方

スポンサードリンク


書店に行くと、

英語学習コーナーには教材が山のようにあり、圧倒されます。

 

英語学習初心者の方の場合は特に、

目移りして、どの教材を選んでいいか迷うと思います。

 

 

今回はそんな方々の為に、教材選びのコツを伝授いたします。

 

5つほどあります。

 

 

大切な項目からカウントダウンしていきます。

 

 

その1、「これで学習したい!と思える興味のある教材であるか」

 

これはとっても大切です。

どんないい教材でも、続けなければ絶対力はつきません。

 

そして、自分の興味のある教材でないと続きません。

 

人が何といおうが、運命を感じる、

手にしているだけでワクワクする、

非常に漠然としていますが、

そんな教材に出会えたらすごくラッキーだと思います。

 

仕事で使うから、とかではなく、

あくまで自分本位で選ぶのが大切だと思います。

 

よっぽど特化した内容でない限り、

とくに初心者の場合は、どんな教材でもいいと思います。

 

英語は英語なので。

 

楽しく学習できそうな教材を選びましょう。

 

英語学習者の永遠のテーマ、

「教材の選び方」について

 

選び方のコツその2は「自分の目標に直結しているかどうか」

 

 

当たり前の項目ですが、意外にここが押さえられていない人が多いと思います。

 

まず、

 

自分が身につけたい英語とは何か、

 

を考えてください。

 

 

より具体的であればあるほど、教材選びが絞れてきます。

 

例えば、

漠然と「英会話」ではなく、

どんな状況で、どんな相手と、どんな内容の話がしたいのか?

 

まで、つきつめるのがいいと思います。

 

そうすれば自ずと教材は見えて来るはずです。

 

 

TOEICだとわかりやすいですね。

自分が目標とする点数が明確に書いてある教材を選べば

間違いがないと思います。

 

NG例としては、自分の中で、

 

ビジネス初級会話が勉強したい→

でも文法力がない→

文法力の前にそもそも語彙力がない、

 

というようにグルグル考えて、

結局当初の目的とは直結していない、語彙の本を買ってしまう。

 

これはよくないと思います。

 

直結した教材を選ぶのが正解だと思います。

 

コツその3、

「自分のレベルよりも少し簡単に感じる教材を選ぶ」

 

このコツは賛否両論あると思いますが、

特にアウトプット(スピーキング、ライテイング)を意識した

学習をされたい方には特に当てはまります。

 

英語をインプットの時に感じる難易度と、

アウトプットの時に感じる難易度との間には、

ギャップがあるんです。

 

例えば、

中学1年生の英語のテキストを例に考えてみます。

 

学生時代ある程度、英語を勉強した人であれば、

このくらいのレベルの英語はすらすら読めると思います。

 

そして、すらすら聴けると思います。

 

 

しかし、全く同じレベルの英語を、すらすらしゃべれるでしょうか?

 

文法間違いなく、すらすら書けるでしょうか?

 

答えがノーの方がほとんどではないでしょうか。

 

 

インプットで感じるほど、自分のアウトプット能力は高くない。

 

ですから、少し簡単めのインプットの方が、

アウトプット向上に直結しやすいんです。

 

教材選びのコツ、4つ目は、

 

「過去にこの教材で自分の目標を達成した人はいるか」

 

 

これもとっても大切なポイントだと思います。

 

新しい教材には当てはまらないかもしれませんが、

発売してから数年の教材には当てはまる項目だと思います。

 

より詳しく書くと、

 

‘この教材だけで自分の目標を達成した人はいるか’

 

です。

 

 

‘だけ’というのがポイントです。

 

教材の広告では当然、売り上げを上げる為に、

色々な耳障りのいいキャッチコピーを使います。

 

又、有名人を起用して、又は著者が有名人で、

広告効果をねらっている教材もあると思います。

 

財布のひもが緩みそうになったら、この項目を思い出してください。

 

 

本当にこの人は、この教材だけで、今の英語力を身につけたのか?

 

 

その問いを自分にする事で、

より正しい選択、より正しい学習態度が身に付くと思います。

 

自分にあった教材の選び方のコツ、最後の、その5、

「ロングセラーの教材を選ぶ」

 

一言で書くと、堅実な選択肢だと思います。

 

一つ注意点としては、

一時的なベストセラーではなく、それこそ10年以上売れ続けている

教材のことを、ロングセラーとここでは定義しています。

 

 

そもそも、書店に英語学習書の山があるということじたい、

毎年毎年、毎月毎月、次から次へ新刊が刊行されていることを

示しています。

 

つまり、

英語学習書出版業界においては、

日々激しい競争が繰り広げられている、ということです。

 

そんな中で、長年売れ続けているというのは、

それだけで、クオリテイーの高い教材ということがいえると思います。

 

 

英語を国内で学習してある程度できるようになった人に、

役に立った教材を聞くと、多かれ少なかれ、同じような教材名が挙がる

という事実も、ロングセラー教材の実力をしめしていると思います。

 

 

英語学習書は流行ではなく、実力で選べば間違いないと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク