英語学習誌の編集者が選ぶ、おすすめTOEIC教材とは?! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習誌の編集者が選ぶ、おすすめTOEIC教材とは?!

スポンサードリンク

英語学習誌の編集者が選ぶ、
おすすめTOEIC教材とは?!

■お名前■:Yuki

■職業■:雑誌編集
(英語学習者向け実用情報誌)

■普段どのように英語を使いますか?■

●仕事で:記事の和英対訳のチェック、

海外の記事を読んでリサーチ・ネタ集め、

TOEIC対策の問題作成など

●プライベートで:外国人の友人とFB・メールなどのやり取り、海外旅行

■英語力自己評価■

読み書き、TOEIC(スコアは960)などはOK。

会話が(リスニング・スピーキングともに)苦手。

旅行であれば不便はないが仕事に使える英語力ではない。

■英語学習者として使って、これはよかった!!という教材■

「TOEICテスト4万人の弱点」(アルク・刊)

すでに販売終了しているようですが、

TOEICはこれのおかげでかなりスコアを

あげました(900点超えました)。

■どれくらいの英語力の時に使いましたか?■

TOEIC800点台前半のときに使用し、
その後、920点、960点と

■上記の教材の良かった理由は?■

アルクの模試データから、
日本人の誤答率が高いものを抜粋して

あるというところが、この教材の特色です。

他の人が間違えるところは、

やはり自分も間違えるし、

TOEIC問題作成者が狙ってくるところでも

あるので、この対策は効果的でした。

■上記の教材で、具体的にどのような英語力がつきましたか?■

何を問う問題なのか、出題者の意図が読めるようになった。

■どんな学習者に上記の教材をおすすめしますか?■

手っ取り早くTOEICスコアアップをしたい人。
中級~上級者向けです。

スポンサードリンク