文法書決定版。現役プロ翻訳者が選ぶ一押し教材! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

文法書決定版。現役プロ翻訳者が選ぶ一押し教材!

スポンサードリンク

文法書決定版。現役プロ翻訳者が選ぶ一押し教材!

こんにちは、川合亮平です。
日本での独学で英語がある程度出来るようになった方、
国内英語学習者にとって、

そんな方々のアドバイスは大変役に立ちます。
色んな角度から答えていただいているので、
ご自分のケースと照らし合わせながら読んで頂き、

是非ご参考になさってください。

●お名前: Miyaさん

 

●ご職業: プロ翻訳者雑誌記事の英日翻訳もしていましたが、このごろは多少アカデミックな書籍の英語から日本語の翻訳のチェック、
ドイツ語から日本語への翻訳のチェックなど。社会科学、人文科学系のものを扱っています。

 

●普段どのように英語を使いますか?●

仕事では、翻訳・翻訳チェック、それに伴うリサーチの際に。プライベートでは、英語が共通語となる友人との会話(メールやSNS含め)、海外サイトの閲覧などです。

 

●英語力自己評価●

じっくり読解していくのがもっとも得意です。他の能力はそれほど「ものにしている」わけではないです。
やはり、毎日使うわけではないので、「英語脳」=「英語で考えて、書き、発話をする」というモードに切り替えるのに時間がかかります。いったん切り替われば、それほど不自由はしませんが、語彙力はいつまでたっても「十分」とは思えないですし、決定的なのは訓練不足もあって聴き取り能力が弱いです。

 

●英語学習者として使って、これはよかった!!という教材●

★改訂新版『英文法解説』(江川泰一郎著、金子書房)★

翻訳をしていて、もっとも頼りになるのは、古いものですが結局これです。
●どれくらいの英語力の時に使いましたか?●

いつでも参考になると思います。現に、もともとは高校生用の参考書ですし、それでも、日本語訳をきちんとやろうと思えば、今でも参照するに頼りになります。

 

●上記の教材の良かった理由は?●

前者は、詳述された総論的文法書ですので、自分の解釈に自信がないときに確認することができるので助かります。
例文がとにかく豊富なのも信頼度が高いです。会話力をつける、であるとか、ビジネス上の簡単なメールやプライベートなつきあいで連絡のためのメッセージを書くというレベルを超えて、小説を読んだり、少し「知的」な文章を書けるように訓練するなど、主に読み書きの能力の底上げを図るのにいいと思います。使い勝手としても、インデックスが充実しているので、事典のように試用することができます。

 

●上記の教材で、具体的にどのような英語力がつきましたか?●

ついたかどうかは分かりません。ただ、特徴、使い方としては上記の通りです。

いかがでしょうか?
あなたの教材選びのご参考になさってください!

スポンサードリンク