おすすめの洋書-多読は英語力アップのテッパンです- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

おすすめの洋書-多読は英語力アップのテッパンです-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今回は、ぼくがお勧めする洋書小説3冊を紹介します。

どの作品も、深遠で、作品世界にどっぷりハマれる魅力的な物語ばかりです。

英語の難易度はどれもそれほど高くありません。
ですから、完璧主義にならず、だいたいわかる程度であれば全然OK。

英語力は、理解した量ではなく、理解しようと努力した量に比例しますからね。

 

●「Veronica Decides to Die」Paulo Coelho
「アルケミスト」で有名なPauloさんの本です。彼の本はどれも独特の雰囲気があるので、これまで1冊でも読んで好きな方には、特におすすめの1冊です。

●「Never Let Me Go」 Kazuo Ishiguro
文句なしに良いです。雰囲気抜群で、読み終わってしますのがとっても切ない1冊。

●「Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life’s Greatest Lesson」 Mitch Albom
立ち読みで号泣しました(笑)その後、ちゃんと買って読みました。
ベストセラー、不朽の名作です。
映画などでもよくタイトルが引用されるくらい、感動できる本として有名な1冊。

あなたの興味にひっかかる作品はありましたか?

案ずるより産むがやすし、まずは1冊チャレンジしてみましょう!

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 洋書多読成功の秘訣」
http://englishltd.com/grammar-and-writing/23082011-672.html

 

*最新記事の読みのがし防止!
最新記事のみ、随時更新週。
「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

スポンサードリンク