ゼロからの英語学習方法 まずなにをするか Part1 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

ゼロからの英語学習方法 まずなにをするか Part1

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、「ゼロからの英語学習方法 まずなにをするか」です。

 

社会人のやり直し英語が一番多いと思いますが、

 
 

(ぼくもそうですが)学生時代英語はゼロで(むしろマイナスで(笑))、

 
 

右も左もわからない。

 
 

そんな状態で、社会人になって、急に英語が勉強したくなった、又は、する必要が出てきた。

 
 

それで、何から手をつけてよいかわからない、という方の為に書きます。

 
 

まず、英語の目的が何であれ、英語の基礎は一緒なんです。

 
 

その基礎を固めるのがまず第一。

 
 

基礎とは何か?それは、ずばり、中学英語です。中学3年間で習う英語です。

 
 

まずそこがある程度頭に入ってないと、どこにも行きにくいと思います。

 
 

また、基礎がないうえでの応用練習は、効率が良くないです。

 
 

さてでは、具体的に何をどうするのか?

 
 

おすすめは、書店の“中学学習参考書”のコーナーに行くこと。

 
 

そして、たとえば「中学1年生の基礎文法」みたいな問題集を購入して、それを黙々とする。

 
 

それだけです。

 
 

その過程で、中3まで一通り終えれば、基礎はしっかりついたと考えていいと思います。

 

人にもよりますが、忙しい社会人なら、時間は半年から1年くらいかかるかもしれません。

 
 

注意点は3つあります。

 

●受動的に読むだけの参考書ではなく、自分が能動的に演習できる、問題集を選ぶ。

●演習をする際、できるだけ音読もからめてする。

●大人向けのやり直し英語の本より、現役中学生用の本の方が、問題料が豊富で、ひねりがなく、結局力が付くと思います。

 
 

さて、いかがでしょうか。

 
 

自分が簡単だと思えるレベルから始めてみてください。

 
 

段階を踏みますので、挫折なく、無理なく、基礎がしっかり身につくはずです。

 
 

「くもん」のシリーズはおすすめですよ。

 
 

ではこのシリーズ、次回は、基礎がついてからどうするか、について書きたいと思います。

スポンサードリンク