英語学習法 基本の基本を知ってる? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習法 基本の基本を知ってる?

スポンサードリンク

年に数ヶ月ロンドンに滞在します。

その期間は基本的に、朝から晩まで自然と100%英語になるんです。

 

毎回なんですが、滞在前と滞在後を比べて、

自分の英語インプット、アウトプット力、

後の方がスムースになっていると、はっきり感じています。

 

英語インプット、

英語アウトプット、

 

これを川のせせらぎに例えると、

そこに英語という水を流せば流すほど、

 

その流れはスムースになり、幅も広がっていく。

 

ぼくの場合、日本にいる時よりも、ロンドンにいる時の方が、

明らかにインプット、アウトプットの英語の流れが増し、

それに伴い、川がよりスムースに英語が流れやすくなるように自然に整備される、

と考えています。

 

そして、日本の生活に戻ると、またある程度それが

狭まるんですけどね。

 

英語力というのは、結論的には

そういう単純なものだと思っています。

 

海外に住もう!

という主張ではなく、自分の中に英語を通過させればさせるほど、

英語力が上がる、という主張です。

 

英語を話せる、聞けるって、

そんな単純明快なものだということをわかってほしい。

 

決して何にも難しくない、ややこしくない。

そう感じるのは、学習提供者(教師)や教材の責任です。

 

話を戻すと、

英語の流れを増やすのは、何も海外に居なくてもできますよね。

 

だから、日本に居て英語力をアップする最善で、

最も簡単な方法は、自分を通過する英語量を増やす事。

 

それにつきると思います。

 

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 直球勝負!「英語が話せるようになる」考え方」

http://englishltd.com/conversation/englishcomm/21122012-1327.html

 

最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」クリック!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

 

スポンサードリンク