英語嫌いの勉強法(勉強嫌いの勉強法part2) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語嫌いの勉強法(勉強嫌いの勉強法part2)

スポンサードリンク

 

前回からの続きのテーマ、「英語嫌いの勉強法」です。


嫌いという感情を以下に出さずに、英語に触れるか、というポイントで考えてみます。


キーポイントは、「必要性」です。


まず、生活や趣味にできるだけ関係のある分野で、英語に触れます。


例えば、登山が趣味の方だったら、英語の登山の雑誌を購入するところから始まると思います。


勉強じゃないので、自分が読みたそうな記事をパラパラ探します。


そして見つけてそこを読みます。それは、「学習」ではなく、読みたいという欲求に答える「必要性」だと思います。


そこが違うだけで、自分の感情の持ちかたが全然違うと思うんです。


結果的に、多くの英語を集中して消化できるようになり、そして英語力がつく。


例えば、文法の学習一つにしても、それ自体だけでは、必要性は感じない場合が多いと思いますが、


「この登山の記事を読むために」ここの文法事項を学習したい、という必要性があれば、大変効率よく身につくと思うんです。


結論として、一番効率のいい英語学習の態度は、実践+その実践で必要に迫られた知識の学習、だと思います。2つのバランスがうまく取れれば、英語力はどんどんつくと思います。


いかがでしょうか。

スポンサードリンク