試験に出る英単語について(辞書を引く本当の意味) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

試験に出る英単語について(辞書を引く本当の意味)

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、「試験に出る英単語について(辞書を引く本当の意味)」です。


語彙学習は、言語学習者にとって、永遠のテーマだと思います。


それは突き詰めれば、どうすれば語彙が“効率よく”覚えられるのか、だと思います。


試験に出る英単語の本を丸暗記、受験基礎英単語(必須英単語)の本を丸暗記、先生におすすめされた英英辞典を使うくせをつける、英単語帳を自分で作る、オンライン辞書でマメに調べる。。。


方法はいろいろあると思います。ですが、最近、語彙習得の決定的なメカニズムに気づいたので、報告します。


至極簡単なことなんですが。


結論から書くと、「知りたい単語から覚える」ということです。言い換えれば、「伝えたい単語から覚える」ともいえます。


市販の語彙本が続かないのは、それらの単語は、別に知りたくもないし、伝えたくもない、からだと思います(笑)


なぜ、英単語本での学習はしんどいわりに、効果がないのか。それは、自分と全く関係ない単語だからだと思います。


続く理由は根性のみですよね(笑)

それを考えると、逆に続く、効果的な語彙習得が見えてくるんです。


以下が、例であり、答えであります。


誰かと英語でメールのやり取りをしていたとします。


そして、その相手には密かな想いを寄せているとします(笑)


というシチュエーションでは、自分の気持ちを100%相手に伝えたいし、相手のメールの内容も、100%理解したい、と思いますよね。


自分の感情が高まって、その気持ちを言葉にしたいとき、日本語は出てるけど、英語がわからない、その時辞書を引きます。


その単語は、多分一生忘れないと思います。市販の単語帳で15回繰り返し暗記を試みるよりも、記憶への定着度は効果的だと思います(笑)


又、相手から着たメールに、You look ……と書いてあって、….の単語がわからなかった。もちろん、調べます。相手の自分に対する意見なので、知りたくない訳がないですから。


それで、そこで調べた単語も多分一生忘れないと思います。


以上、若干極端な例ですが、結論としては、自分を中心に、感情を絡めながら、単語は覚えていくのが一番効果的、ということです。

スポンサードリンク