英語に自信ある? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語に自信ある?

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、「英語に自信ある?」です。


スピーキング力上達の鍵になる話題なので、英会話上達に興味のある方は読んでみてください。


同じ学習過程をたどったとしても、上達や結果にはやっぱり個別の差がでます。それはとても面白いことだと思います。


まあ、人それぞれみんな違うので、当たり前といえば当たり前ですが。


それで、英会話力、スピーキング力に絞って考えたとき、この差はどこにあるのでしょうか。


ぼくは、自信だと思います。又は、積極性とも言い換えられると思います。


自信がなければ、積極的に発言できませんよね、基本的には。


もちろん、気持ち的に前向き、積極的、自信がある人の方が、英会話の上達は早いんです。


とは言っても、根拠もないのに、自信満々になれない、という気持ちもよくわかります。正常だとおもいます(笑)


そんな方で、でもなおかつ、できれば英会話力を少しでも上げたいとお感じの方、以下のようにちょっと発想の転換をするのはいかがでしょうか。


間違えても誰も気にしない(みんな自分の事で精一杯なんで、自分の英語の間違いは自分が思っているほど人は気にしていない)、だから、自信を持って発言。


英語の評価というのは、今後全部自分で決めるようにする。人の評価は無視(笑)、


自分の英語はこれはこれで全然OK、だれに評価される筋合いもない(笑)、と居直る。すると、自信が持てる。


特に日本人は自分の英語に自信が持てずに発信できないケースが多いように感じますが、だれも完璧ではないので、発信したもの勝ちです。根拠のない自信を持って英語を話しましょう!

スポンサードリンク