英語が好きになる学習法 —難しいより簡単な英語を— - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語が好きになる学習法 —難しいより簡単な英語を—

スポンサードリンク

英語がうまくなる、ということは、単純に英語にどれだけ触れたか、という量と比例します。

 

だから、良い学習法というのは、ひねりもなにもなくて、要は、いかに、継続できる学習法か?ということだけなんです。

 

学習者は、効率とかを追い求める以前に、とにもかくにも、継続を前提に学習に取り組むと、その学習の成功率、成果がぐっと上がります。

さて、では、継続できる学習法とは?

 

そのキーワードは、

「やさしく、たくさん」

 

ぼくは、英語学習を集中的にやっている時、この本に多大なる影響を受けました。

 

英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)

伊藤 サム

あなたの英語学習から“挫折”という文字が消える、超おすすめの1冊。

 

 

ぼくのそれまでの英語学習に対する考え方をひっくり返した考え方、それから英語学習が飛躍的にスムーズに進むようになった考え方がつまっている本です。

例えば、

1時間の学習時間があり、あなたはその時間で何をするか?

1.難しい文章を1つ持ってきて、辞書と文法書を持って来て、こねくり回して、解析、分析、理解する。

2.中学1年生の英語教科書を1冊読む。

あなたは、どちらの方が、英語力がつくと思いますか?

 

答えは、

比べ物に成らない程、後者の方が英語力がつきます。

 

理由は、英語力は、触れた英語の難易度ではなく、量で決まるから。

なぜだか知りませんが、日本の学習者は、「難しく、少なく」の英語学習が良いと思いがちなんです。

でもこれは、大きな間違え。

真逆です(笑)

 

簡単な英語だったら、ストレスなく吸収できる、だから継続できる。

継続できたら、英語力がつく。

非常に単純な論理。

 

もちろん、それ以外にも「やさしく、たくさん」が英語力アップに効く理由は沢山あります。

気になる方はどうぞ本をお読みください。

 

同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

英語学習法 基本の基本を知ってる?

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!

http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク