英語でも笑う門には福来る - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語でも笑う門には福来る

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、「英語でも笑う門には福来る」です。

洋画や海外ドラマのコメディーをみて、

どこが面白いのかわからない、

でも一緒に笑いたい!と思われた人は、英語学習者のなかには多いのではないでしょうか。

人によっては、英語コメディーで笑えて、ようやく英語力が一人前、

というような基準を持っている人もいます。

しかし、実は、英語のコメディーを笑うのは、簡単ではないと思います。

そこまでにはいつくかのハードルがあるからです。

まず一つ目のハードルは、そうですね、

もちろん英語力、特にリスニング力。

コメディー当然、英語のナチュラすスピードか、場合によっては、それより早く話される場合が多いのです。

ですから、まずは、確固たるリスニング力を養うことが必要です。

 

2つめのハードルは、文化理解です。

実はこれは結構むつかしいと思います。

笑いというのは、意外にそこの文化に根ざしているものなのです。

ですので、例えば、イギリスだったら、イギリスの文化、

アメリカだったら、アメリカの文化を理解すればするほど、

各国のコメディーが笑えるようになるはずです。

ということは、アメリカ人は、イギリスのコメディーは笑えないのか?

そんなことはないと思います。もちろん、そういう人もいますが、それは最終的には、個人のテイストの問題です。

イギリスの文化を理解しないアメリカ人はなぜイギリスのコメディーで笑えるのか?

それには理由が2つあります。

 

1つは、誰が見ても笑える、文化以外のところでの、笑いの要素がある場合です。

動作だけで笑わすような場合や、人間ならだれしもがもっている感情に訴えかけるような笑いの時です。

例えば、ミスタービーンが世界的に流行したのは、それが無言劇だったということも、大いに起因していると思います。

つまり、言葉の細かな文化的話題に依存できない分、誰でもがわかる動作や感情に訴えるしかないので。

さてでは2つめはなんでしょうか。

それは、いわゆる「ポップカルチャー」というものです。

つまり、英語という言語を媒体として、世界的に広まっている文化のことです。

例えば、セレブカルチャー、又は世界的にヒットしているスタイル、などなど。

国の限定感がなくて、メディアを通じて広まっている文化をポップカルチャーと総称します。

当然国籍が違っても、このポップカルチャーに通じていれば、どこの国のコメディーでも笑えるわけです。

 

では、結局何をすれば、わかるようになるのか?

という具体的な行動ですが、

 

まず、リスニング力をつけるのは、それは地道なリスニング練習です。

左側のカテゴリーにある、リスニングのトピックを是非読んでみてください。

次に、ポップカルチャーを理解するにはどうすればいいか?

それは、英語圏に住むのが一番近道です。でもそれは現実的でない。

とすると、日本でできるだけ、英語環境にするということになります。

英語の雑誌を読み、英語圏の友達と遊び、英語のTV、ニュースを読む。

そうすることで、徐々に知識が日本だけのドメスティクなものから、変容してくるはずです。

総括としては、実は、笑いたい洋画や、海外ドラマのコメディーをとにかく見続けることなんです。

好きなら続けられるんです。見続ければ、リスニング力もつくし、文化知識も追いついてくるはずなんです。

もしどれだけ見ても笑えない場合は、それは実は自分のテイストに合っていないだけかもしれません。

趣味の違う笑いを笑うというのは、これは努力の問題ではないと思います。

是非、コメディーを通じて世界を広げてみてください!

 

英語の基礎力はあるという前提で、

とにかく見続けるのが一番の近道だと思います。

とにかく集中して見ていると、本当に少しずつですが、わかる箇所が増えてくるはずです。

わかる箇所が増えるということは、笑える箇所が増えるとうことです。

又、いわゆるスキットコメディーと呼ばれる、

日本でいうコントみたいな形式の笑いは、動作やビジュアルも多様に笑いの要素に含まれる可能性があるので、

その辺から始めてみるのもいいかもしれません。

ですから、その逆、会話の妙だけで成り立っているようなコメディーが一番、英語学習者にとってはむつかしいといえるでしょう。

例えば、ウディ・アレンの笑いは、基本的にはダイアローグの妙だけで成り立っていると思いますので、

これは英語上級者向けといえそうです。

ウディアレンのマシンガントークの面白さがわかれば、リスニング力も文化理解も相当のレベルに来ていると考えていいのではないでしょうか。

 

人のテイストにもよると思いますが、英語学習者(中級前後)の人にとっては、

往々にして、

イギリスのコメディーよりもアメリカのコメディーの方がわかりやすいと思います。

理由は色々ありますが、多分、普段日本で生活をしていると、アメリカ文化に(意識、無意識にかかわらず)触れている事の方が、

イギリス文化に触れていることよりも多いと思います。

そういう意味で、日本人の文化理解度は、アメリカに対しての方が進んでいる、だから、コメディーもわかりやすい。

もう1つの理由としては、アメリカのコメディーがわかりやすいというより、

イギリスのコメディーが(日本人には)わかりにくい、といったほうがいいかもしれません(笑)

それは、イギリスの笑いには、多分に「皮肉」という要素が含まれているからです。

アメリカや日本の笑いと比べて、かなり辛口で、時にエキセントリックです。

パンク文化発祥の地ならではです。

その皮肉の妙がわからないと、イギリスコメディーで笑うのはなかなかむつかしいでしょう。

 

スポンサードリンク