英字新聞を使って単語力を上げる方法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英字新聞を使って単語力を上げる方法

スポンサードリンク

 

今回のテーマは、英字新聞を使って単語力を上げる方法です。

単語力強化は、英語学習者の永遠のテーマだと思います。

ネイティブスピーカーでも単語力の優劣が出てくるので、

これに関しては、特に日々の心がけが出るものだと思います。

市販の単語帳を使って、試験に出る英単語を必死で覚えた方もいらっしゃると思います。

今回紹介する方法は、少し違います。

もちろん、基礎英単語から上級英単語まで、広い範囲でカバーできます。

まず、無論、英字新聞に限らず、英語を読む量が増えれば増えるほど、単語力が増すのは事実です。

ですので、まどろっこしい方法は置いておいて、とりあえず強化な単語力をつけたい方は、

とにかく沢山読まれることをお勧めします。

 

まずポイントとして、

単語力だけにかかわらず、物事を記憶するとき、

5感が使われていればいるほど、記憶しやすいそうです。

具体的に説明します。

英字新聞を読んでいて、知らない単語に出会うと、まず蛍光ペンでその単語(または文全体)をなぞる。

色を使うことで、モノトーンよりは印象が残りやすいです。

そして、今度は、ハサミを使って、その記事全体を切り取ります。

切るという動作を交えることで、さらに印象を強めます。

そして、ノートに貼る。

できれば、貼ったわきに、自分の言葉でメモなどを書いておくとなおよいでしょう。

 

このように、色でなぞる、切る、貼る、書く、という動作を交えることで、

その単語に対する印象がより強くなり、記憶にも残りやすくなる、ということです。

 

スポンサードリンク