洋画、ドラマで英語の勉強 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

洋画、ドラマで英語の勉強

スポンサードリンク

今回のテーマは、「洋画、ドラマで英語の勉強」です。

洋画、海外ドラマは、英語学習者にとって、本当に強力なツールになります。

現在英語がある程度出来る人で、このツールの恩恵に預かっている人は数知れないと思います。

ぼくもその一人です。

特に、リスニング力、スピーキング力(コミュニケーション力)の向上に絶大な効果があります。

では細かく書いていきます。

まず、リスニング力について、学習効果を上げるために、条件があります。

それは、英語学習として鑑賞する場合、DVDの字幕は消す、又は英語字幕にする、
ということ。

字幕があるとつい目がそっちに行ってしまって、英語を聴いているようで聴いていないんです。

DVDの字幕を消して、とにかく沢山見る。

まあ好きなDVDなら、ダメと言われても沢山見ますよね(笑)

 

DVDを見て、リスニング力が向上するのは、なんとなくイメージできると思います。

ですが、スピーキング力(コミュニケーション力)がつくのはなぜでしょうか?

それは、「動画」の効果なんです。

スピーキング力は、単に英語そのものだけで測られるものではなく、

話している人の目線、ジェスチャー、間合い、のような、他の要素が入ってくるのです。

コミュニケーションにおいては、実はほかの要素の方が、英語より大切だったりするんです。

そしてそのようなスキルは、意識してなかなか出来るものではないんです。

左脳より右脳の分野だと思うんです。

それが自然に身についてしまうのが、DVDでの動画学習。

英語話者の演技に引き込まれているうちに、コミュニケーション力が知らない間についてしまうんです。

これは体験した人にはわかると思います。

例えば、辞書と参考書だけでスピーキングを勉強した人と、DVDでスピーキングを勉強した人、どちらが自然な英語コミュニケーションができると思いますか?

ぼくは、断然後者だと思います。自分がそうなので(笑)

ちなみにぼくは、「フレンズ」という海外ドラマに随分とお世話になりました。色んな意味で(笑)

 

スポンサードリンク