川合流、起きてから寝るまでの英語表現 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

川合流、起きてから寝るまでの英語表現

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

例えば、単純に「英語が話せるようになりたい」人が、
英語学習をするとき、

ある意味、日常的に使える簡単な表現から頭に入れていくのが
一番効率がいいと思います。

しかし、

日本人の英語学習事情を見続けているぼくの感想は、
多くの日本人はその逆の事をしている、

つまり、

“日常的に使わない難しい表現(語彙・文法)”

に囚われて、そこで学習がギクシャクしてしまっている。

初級~中級者が陥りがちな学習停滞の原因だと思います。

例えば、
getやtakeなど、だれでも知っている単語を使った簡単な表現ほど、
知らないんです。使えないんです。

ここで言う簡単な表現とは、
家族や友達と交わす、超生活密着型表現と、定義しておきますね。

これは実は学習者に責任があるわけではなく、
ある意味仕方のない事で、
英語教育業界から学習者へ向けて発せられる英語のバランスからして、
難しいモノを好む傾向にあると思います。

偉い先生が頭の中でこねくり回しただけの教材では実際役に立ちません。

結論としては、簡単な日常表現からモノにしていった方が、
早く英語的な感覚が身について、結果的に、
英会話の習熟度も上がるとぼくは確信しています。

どうやって?
そのような教材を選んで学習すればいいと思います。
(又は、海外ドラマなんかもとてもいい教材です、
それについてはコチラの記事をお読みください。)

http://englishltd.com/listening/listeningtips/28112012-1217.html

教材選びのポイントは、

背伸びして届く表現ではなく、
手の届く範囲の表現、だけどアウトプットできなさそうな表現が
沢山掲載されているものです。
なるべくなら生の素材。

自分の日常をいちいち英語でつぶやくのもいいと思いますよ。
そんな観点から作られたのがアルクさんのヒット教材、
「起きてから寝るまでの英語表現」シリーズだと思います。

この観点は素晴らしいと思います。
身近な表現の方が断然身に付きやすいですからね。

余談になりますが、
ぼくの大好きな歌手Jewelの大ヒット曲、
”You were meant for me”は、
失恋した女性のまさに”起きてから寝るまで”表現が
満載です。
使える表現満載です!

 

こんなポップソングを題材に学習するのも大いにアリですね。

スポンサードリンク