英語トレーニングが絶対無駄にならない理由 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語トレーニングが絶対無駄にならない理由

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

早速ですが、筋肉が付く(スポーツが上達する)プロセスと、
英会話力がつくプロセスは、非常に似ていると思います。

同じといってもいいくらい。

両方とも、体を使ってナンボ。

一夜漬け、短期間でモノになることはありえない。

でも、費やした時間は決して裏切らない。

毎日少しでもいいので、
継続していれば、必ず何かは自分のモノになってくるんです。

時間はある程度かかるんですけど、
その投資時間に見合っただけの結果は必ず得られる。

ところで話は変わりますが、
“マッスルメモリー”ってご存知でしょうか。

簡単に説明すると、

一度つけた筋肉は、時間がたって衰えても、
又筋トレをすれば、最初よりも早いスピードで元に戻る、
というメカニズムだそうです。

体がその筋肉があったという事実を
記憶しているんだそうです。

ぼくは、経験から、
英会話にもマッスルメモリーが当てはまると信じています。

英会話も日常的に使ってないと、錆つく・・・、
これは、一般的な意見だと思いますし、ぼくもそうだと思います。

ただ、錆ついても、再度磨き直せば、
最初に一から身につけた時よりも、
自己最高レベルに断然早く到達できるんですね。

結論、

英会話に投資する時間は、1日3分でも、絶対無駄ではない。

例え忘れたとしても、やり直しの時は、
同じ結果が最初より早い時間で得られるから。

P.S. スポーツの上達過程とと英語の上達過程が非常に
似ているということで、スポーツ選手による英語上達法、
というものは非常に役に立ちます。

スポンサードリンク