英語学習モチベーションの上げ方【セルフワーク付】 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習モチベーションの上げ方【セルフワーク付】

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

ずばり、英語学習を継続するキーポイントは、
強いモチベーションがあるかどうか、です。

モチベーション、日本語に訳すと、「動機付け」。

何をするにもそうですが、やはり何かをしようとする時、
このモチベーションが非常に大切になると思います。

ただ、「英語学習が好き」だけでもいいのですが、
例えば英語学習スランプの時など、
モチベーションが明確であればあるほど、
大きな力となってあなたを支えてくれるはずです。

別に大それたモチベーションは必要ありません。

純粋である必要もありません。

動機は不純であればあるほど力が出るという人も
いるくらいですから・・・。
不純な動機大歓迎です!

では、あなたの英語学習モチベーションを
このコラムを機に明確にしてみましょう!

以下のそれぞれの質問に1つ以上解答してみてください。
(もちろん日本語でも大丈夫です)

● Why do you study English?
(どうして英語を勉強しているのですか?)

● What can you get from it?
(英語を使えるようになるとどんな良い事がありますか?)

以上の問いへの答えがあなたのモチベーションです。

モチベーションは目標と置き換えてもいいかもしれません。

学習の際は、モチベーションを常に意識し、
1歩1歩自分が目標に向かっていることをイメージしましょう!

P.S. ぼくは憧れのイギリス人セレブシェフ、
ジェイミー・オリバーのような英語を話したい、
というモチベーションを持って学習に励んでいた時期もありました。

スポンサードリンク