プレミアリーグを英語で?「趣味+英語」の絶大なる効果とは? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

プレミアリーグを英語で?「趣味+英語」の絶大なる効果とは?

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

スムースな英語学習にとってめちゃくちゃ大切な要素、

それはずばり、「英語学習を楽しむこと」です。

学習を”楽習”にする工夫を常にすることが大切なんです。

楽習になればなるほど上達曲線の角度が大きくなる
といってもいいと思います。

メカニズムはいたって簡単です。

楽しいと集中力が自然に上がり、
学習効果も上がるということです。

英語学習に継続は必要不可欠な要素ですが、
楽しければ継続できる⇒継続できれば上達する、
ということです。

「好きこそモノの上手なれ」です。

とは言っても、好きじゃないから苦労してるんだよ、
というあなた、そんなあなたの為に1つの方法を紹介します。

それは「趣味+英語」です。

趣味と英語の接点をみつける作業をしてみましょう。

いたって簡単です。

例えば、趣味が料理の人は、
英語の料理の本で料理してみる。

又は、海外の料理番組を見てみる、など。

ポイントは、細部にこだわるよりも、
継続することに重きを置くことです。

わからなくて当たり前で、

数か月かけて、少しずつ理解できてくるのを
楽しみにする位でいいと思います。

少しずつ時間をかけて、
でも確実に覚えた英語は、その分忘れにくいです。

「趣味+英語」の良い所は、
今すでに、生活の中で時間をかけている趣味、
その日本語をオセロのように英語にひっくり返すだけなので、
英語だけの為にわざわざ時間を割く必要がないところです。

海外サッカーの情報収集に毎日30分時間を使っている人なら、
その時間はそのまま、増やしも減らしもせず、
内容を日本語の雑誌から英語の雑誌に切り替えるだけ。

英語やりたいんだけど、なかなかキッカケがつかめない、
そんなあなた。
この方法を是非試してみてください。

こんな雑誌もありますね!

スポンサードリンク