ストレッチで英語ペラペラ?(佐藤伝さんの「1日5分 頭がよくなる習慣」に学ぶ) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

ストレッチで英語ペラペラ?(佐藤伝さんの「1日5分 頭がよくなる習慣」に学ぶ)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

さて、佐藤伝さんの「1日5分 頭がよくなる習慣」
という著書に興味深い内容がありましたので紹介します。

英語学習者にとって、とっても役に立ちます。

本全体的にとても面白いのですが、一番興味を引いたのが、

「体が柔らかい子供は後々伸びると気づいた」

という内容です。

因果関係は定かではないですが、
ぼく自身の直感的に当たっていると感じました。

1つの理由として、ぼくは20歳から2,3年、
自室にほぼ引きこもり状態で英語漬けの生活をしておりまして、
その時に飛躍的に英語力が伸びたのですが、
偶然にもその時、毎日欠かさずストレッチをしていたことを
思い出したのです。

余談ですが、
毎日ストレッチをすれば、当然体が柔らかくなるわけで、
自慢じゃないですが、当時は普通に股割ができました。
今は微妙です。。。

こちらも余談ですが、
イチロー選手がストレッチを非常に大切にすることは、
よく知られていますよね。
守備についている時も、いざ動く時の為に、
常にストレッチをされています。

ストレッチする=体が柔らかくなる
=集中力が増す=勉強がはかどる

ぼくは真実だと思います。

今真剣に英語学習されているあなた、
同じ1時間の学習時間でも集中してる、してないでは、
学習の成果に雲泥の差が出てきます。

常に集中力を発揮できるように、
ストレッチを日課にしてみるのはいかがでしょうか?

ストレッチをしながら、海外ドラマを見る、
ポッドキャストを多聴する、
とってもいい方法だと思いますよ。

ちなみに、コチラが佐藤伝さんの著書です。

スポンサードリンク