英語学習、”決める”事が大切 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習、”決める”事が大切

スポンサードリンク

英語、話せるようになりたい、

そのように思っている人、多いと思います。

そんな需要があるから、いわゆる英語本が本屋には溢れるほどあり、

英会話学校が繁盛し、

英会話通信教育の広告が、新聞や電車中刷りにバンバン登場するのです。

上記のツールがダメと言いたいのではありません、素晴らしい素材もあります。

素材の善し悪しの話をしたいのではなく、利用者、学習者の側の話です。

学習者によっては、何ら成果もないまま、ただお金だけを

それらに注いでいる。自分の生活が振り回されている、

という方もいらっしゃるかもしれませんので、この記事で注意喚起と

それの対処法をお伝えします。

 

そもそも、学習をしているけどお金と時間を浪費するばっかりで、成果が上がらない、

と思っている人の共通点として、

ー自分の中に軸がない
ー自分の外に解決策を求めてそれが何とかしてくれると思っている

というのがあり、
つまり、他力本願ですね。

はっきり書きますが、そのようなメンタリティーでは英語を思うように
使えるようになるのは難しと思います。

大切な、お金と時間ですから、英語学習に使わない方がいいとすら思います。

では、思うような英語学習生活を過ごすにはどうすればいいのか?

他力本願の逆なんです。

 

具体的に書くと、

(これはものすごく大切なことなんですが)

まず、

「自分はどの程度の英語力を身に付けたいのか」
「英語で何がしたいのか」

この部分を、自分と向き合って、はっきり”自分で決める”事が大切です。

出来る出来ないではなく、”決める”んです。

多くの人が英語学習で右往左往している背景には、
決めていない人が多いからだと思っています。

決めないまま学習をしても、それは目的地のないまま、
よくわからない路線バスに乗るようなものです(笑)

自分が望むような目的地にたどり着けるはずがありません。
そもそも、目的地がないのですからね。

 

では、決めてからどうするのですか?

と思われている方もいらっしゃるでしょう。

2通り考えられます。
1.決めるだけでいいんです。
2.綿密な計画を自分で練りましょう。

まずは、1.英語学習をしない、という意味ではありません(笑)

英語学習は今まで通り続けるんですが、自分の中に軸が一本通っていると、

同じテキストを読むにしても、インプットの質が必然的に格段に上がるんです。

英語は英語。どんな素材でもどんな触れ方をしても、結局一緒なんです。

ですが、自分の中に目的意識があることで、その価値が何十倍にも上がるということですね、
惰性で触れるのではなく。
そして、2.、計画作成が好きな人は、今の自分の英語力と目的地の英語力を分析して、
細かい学習計画表を立てるのもいいでしょう。

これは好きな人だけです。
繰り返しになりますが、計画は立てなくても、意識するだけで全然大丈夫なんです。

 
いかがでしょうか。

自分の目標ですから、だれも教えてくれません。
当然です。

英語学習、右往左往しているとお感じの方は、

ちょっと時間を取って、自分と向き合って、出来ればペンとノートを持って、
自分の英語、どうしたいのかを”決めて”書き出してみましょう。

その1時間、するのとしないのとでは、今後100時間英語に触れるとして、

イメージですが、

決めないで触れる100時間の学習密度が30%だとすると、
決めて触れる100時間の学習密度は200%にも300%にもなることでしょう。

 
”決める”1時間は、あなたの英語学習、英語力にとって、値千金の1時間になります。

スポンサードリンク