英語はココを真似ればうまくなるー英会話上達のコツー - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語はココを真似ればうまくなるー英会話上達のコツー

スポンサードリンク

Q. 英会話上達するには?

 

A. 英語力をつければいい

 

当たり前すぎて、あきれないでくださいね。

 

 

このロジック、否定はしません、その通りだと思います。

 

でも、実は、英会話力=英語の言語力、という考えをちょっと見直して、別の角度から見てみると、あなたの英会話力が一段とアップするかもしれません。

 

 

今回は、英語という言語以外の部分で、英会話力を上げるコツをシェアします。

 

英会話力を上げようとするとき、誰か(できれば英語ネイティブスピーカー)の真似をするのは、非常に効果的です。

 

それがなぜ効果的であるかは、今回のテーマではないので省くとして、とにかく、“真似”というのは、英語だけでなく、何かを学ぶときに、非常に有効な手段であるということは、良く知られている事だと思います。

 

真似る対象にする人の事を、ロールモデル(手本)といいます。

しっくりくるロールモデルを見つけられた人は、英会話上達に加速度がつくと思います。

 

 

ポイントは、そのロールモデルのどこにフォーカスして真似るか?だと思うんです。

 

ぼくは意識的にも無意識的にも、イギリス人俳優のマーティン・フリーマンを自分の英語ロールモデルにしています、

昔は随分意識してました。今は特別意識はしていませんが、すでに自分自身の一部になっている部分は多かれ少なかれあると思います。

(実は、他にも数名いますが、今回は彼を例に取り上げます)

 

10年程前、伝説のコメディードラマ「The Office」に出演していたマーティンをみて、これや、という感覚があってからです。

 

【ドラマの1場面】

 

【最近のマーティン】

 

 

さて、話題を戻します。

英会話上達には、ロールモデルを真似ることが非常に効果的。

 

さて、ここからが重要なコツなのですが、

 

ロールモデルが “何をWhat” 話しているかを真似るのではなく、 ”どのようにHow” 話しているかを真似るのがポイントなんです。

 

英会話の流暢さって、非言語の部分がとっても重要なんですよ。

 

ぼくはこれまで、ロールモデルの英語(What)を真似るのではく、話し方(How)を真似る方をより意識してきて、それが結果的に自分の英語の流暢さを上げる要因になっていると確信しています。

 

要は、形態模写であり、全体的な“雰囲気・感じ”を真似する、ということ。

 

極端な話、音をミュートにしても、その人の話し方を真似られるかどうか?

もう少し具体的にHowを分析すると、

 

●目線

●身体の動き

●表情

●言葉と言葉のUmmやWellなどの、つなぎの方法

●声のトーン

 

などなど、

です。

 

英語の構文とか、単語とかは含まれてません(笑)

 

もちろんそれを真似てもいいですよ、でも、ロールモデルを真似るときは、WhatよりHowにフォーカスした方があなたの英会話力に還元される部分が多いと思います。

 

以下、ご参考とご比較まで、ぼくの動画も掲載します。

いかがでしょうか?(笑)

 

【川合部分1:42-2:42】

 

【こちらも】

 

WhatではなくHowを真似る、ということ、

お分かりいただけましたでしょうか?

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

「シャドーイングの効果を劇的に上げるやり方」

http://englishltd.com/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E4%B8%8A%E9%81%94%E6%B3%95-2/30112012-1229.html

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!
http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク