カタカナ英語を活用しようー音読で英会話発音上達するコツー - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

カタカナ英語を活用しようー音読で英会話発音上達するコツー

スポンサードリンク

僕の経験の中で、英語力がついたな〜と実感できたことの1つが、「英語音読」です。

 

中学の時、文法をちまちま勉強するよりも、要は教科書を全部暗記すればテストで点数が取れるのではないかと考え、

定期テストの前は、教科書の範囲の部分を音読しまくりました。

 

音読しまくる、もっと具体的に書くと、ほぼ暗唱できるくらいになるまで、声に出して読み込みました。

 

覚えようと思って読む、というよりも、読んでるうちに自然に身体に覚えさせる、という体育会系です。

 

結果的に、文法の知識はほぼゼロでしたが(笑)、中学時代の英語の成績はトップクラスでした(高校で点数をとるには音読だけではうまくいかず、高校で英語は挫折するのですが)

 

 

しかも、音読をしまくることで、定期テストで点数が取れたばかりか、高校1年制の頃、プライベートで英語ネイティブスピーカーと話す機会がたまたま少しだけあったのですが、その時、なんとなく意思の疎通ができてしまったのです。

そして、その現場に居たぼくより遥かに学校の英語の成績がいい友達は一言も会話できなかった。

この時ぼくは、鮮烈な実体験として、音読の効果を意識するわけです。

 

「英語を話すには音読なんや」と(笑)

 

振り返れば、そんな体験が今のぼくの英語に対する基本的な接し方、“現場勝負で習うより慣れろ”、に強く影響を及ぼしているともいえます。

 

 

さて、では、どんな風に音読をしていたか、音読をより効果的にする、ぼくが実行していたちょっとしたテクニックがあるのでシェアします。

 

中学で、ほぼ初めて英語に触れる男の子が、いきなりネイティブスピーカーのように読むのは、至難の業です。

 

でも、音読をする上で、より英語らしく読む(少なくとも努力をする)事はとっても大切。

ともすると、いわゆる単語をぶつ切りぶつ切りで、母音全開の(笑)日本語発音、カタカナ英語になってしまいがちな音読、

 

例えば、

 

I went to see a movie last night.

アイ・ウェント・トゥー・シー・ア・ムービー・ラスト・ナイト、

 

のような感じで。

それはよくない、そんな読み方じゃ、せっかく音読する意味が無いとわかっていたので、

全部ではないですが、カタカナ英語に引っ張られそうな部分は、わざと、“英語の音のカタカナ”を教科書に記入して、それを読んでいました。

 

つまり、

 

教科書のI went to see a movie last night.という文、

 

went to seeの部分の上に、(ウェントシィー)と書いて、読んでいました。

 

単語をそれぞれ実直に読んでも、英語らしい流れにはならないとわかっていたので、

特に繋がる音の部分を、“英語の音のカタカナ”で記入して、読む練習をしていました。

 

 

そんなことを続けるうち、特に“連結する音”のルールを学ばなくても、自然に、英語らしい音が口からついて出るようになったと記憶しています。

 

まとめると、

 

英語をカタカナに直して読むのは、必ずしも悪くない、

悪くないどころか、

“自分が実際に聞こえた英語の音をカタカナに直して”それを音読練習することは、自然な発声練習に極めて効果的だと思います。

ポイントは、英語の“文字”と“音”は別物であると意識する事ですね。

 

最後にもう1つ例を、

あなたは、これをどのように読みますか?

 

The Wizard Of Oz (オズの魔法使い)

 

ザ・ウィザード・オブ・オズ?

 

 

ノーノーノー(笑)

中学生のぼくなら、この映画タイトルの上にカタカナでこう書くでしょう、

 

ダウィザードボォズ、と。

 

この効果、信じられない人は、

近くの英語ネイティブスピーカーに、

 

ザ・ウィザード・オブ・オズ、そして、ダウィザードボォズ

 

両方、聞いてもらってください。

しっくり通じるのは間違えなく後者の方だと思いますよ。

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

「英語発音のコツ ―簡単だけど、多くの人が知らない子音の秘密―」

http://englishltd.com/news-in-english/15122012-1314.html

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!
http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク