英語力と学歴の関係 —赤点、高卒でも英語ぺらぺらー - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語力と学歴の関係 —赤点、高卒でも英語ぺらぺらー

スポンサードリンク

実世界で英語を使える事、

英語を使って人とコミュニケーションすること、

英語を使って仕事をすること、

 

そのことと、

学校での英語の成績、そして学歴は、何の関係もありません。

(成績が良くて、高学歴の人で、英語が出来る人もいますよ、

もちろん、それはそれでいいんですけどね、今回のテーマはそうじゃない人へのメッセージです)

 
ぼくは、高校生の時、全く英語ができませんでした。

全くできないってどういうことかというと、テストがあって、1問も解けないんです、本当に。

だから毎回、適当に埋めた記号問題が、たまたま正解になった、たまたまの点数がぼくの英語の成績でした。

7点とか8点とか、そんな世界です。(10点満点じゃないですよ、100点満点ですよ)もちろん、通知表も毎回1か2(10段階で)。
全く勉強しなかったという、簡単な因果関係の話なんですけど(笑)、

英語に限らず他の教科も同じような感じだったので、常にリアルに落第の危機と直面していました。
なぜ落第しなかったのか、今は不思議にすら思います。
高校時代、勉強した覚えがないので(笑)

 
勉強しなくて何をしていたのかというと、文化と芸術に傾倒していました。

性格のどこかに欠点があるんでしょうけど(笑)、昔から、自分がしっくりくること以外は出来るだけやりたくない。(勉強はなんかしっくりこなかったんです(笑)、アートはしっくりきた)

それで、奇跡的に、論文だけ書いて、大阪芸術大学に現役で入学させてもらったんですけど、半年も経たないうちに通わなくなって、中退しました。
そこらへんの詳細はまた別の機会に書くとして、本文に戻ると、

そんな、学校の英語の成績最低、高卒学歴のぼくですが、
今、英語ぺらぺらで、バイリンガルの人しかできない仕事をしています。

 
実際の世界でものを言う、実践英語力と、学校の英語の成績は何の関係もない、という思想は、そんな実体験からです。

 

さて、今、英語に対して何らかの劣等感を持っている大人の人って、結構多いと想像します、

その殆どの理由は、学校の英語が苦手だった、成績が振るわなかった、

それで先生や親からゴチャゴチャ言われた(笑)からではないでしょうか?

 
その劣等感に、根拠も事実関係もないですよ、とぼくは声を大にして言いたい。

だって、学校の英語の成績と、大人になって実際の世界で使う英語は別のものであると、ぼくは実体験からハッキリ感じているから。

ぼくは多分、高校時代、同級生の中で、一番“学校の”英語はできなかったんです、最低だったんです、

だけど、これは半分根拠のない自信ですけど、リアルな実世界での英語力に関しては、“今”は誰にも負ける気がしません。

 

これはちょっと奥義なんですけど(笑)、
英語って、実は、自分で出来ると思った人ができるんですよ。

逆に言うと、客観的な無責任で、根拠が無く、嘘の、ネガティブな評価をいかに無視できるか(笑)

 
学校の成績とか、TOEICの成績とか、英会話の先生とか、大学の偉い教授とかが、

あなたの英語力に対して何を言おうが、自分で出来ると思った人が勝ちなんです。

 

だから、何十年も前の学校の英語の成績を理由に、

英語に対して劣等感を持っているというのは、考えれば、至極ばかばかしい話なんですよ。

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。「英語学習、もうやめませんか?」
http://englishltd.com/toeic/05032013-1396.html

*英語力アップの耳寄り情報更新中!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
「いいね!」クリック!

http://www.facebook.com/englishltd1

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク