ネイティブのようにナチュラルに英会話する上達のコツ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

ネイティブのようにナチュラルに英会話する上達のコツ

スポンサードリンク

ある程度英語の力がついてきたと感じている、

TOEICでもある程度の点数をとれる、

相手の言っている事はだいたいわかる、

自分からの発信もある程度正確にできる、

 

しかし(!)

 

ネイティブスピーカーのように、数人のグループになると、

ナチュラルに会話できない。

 

ポンポンと弾むようにグループでコミュニケーションができない。

 

そんな方は以外と多いと想像します。

 

 

それは英語学習者にとって、壁といっても良い部分で、

殆どの人は、それを超えるにせよ、結局超えないにせよ(笑)、

自分の前に立ちはだかるその壁を意識する時があると思います。

 

ぼくにとってその壁は非常に印象的なものでした。

 

はっきりと意識できて、しかも、なかなか超えられない。

もどかしい思いを今でも思い出せます。

 

英会話講師をしていた頃でも、ネイティブスピーカーを数人以上含む、グループでのワイワイした雑談時は、なかなか自分の意見を、いいタイミングで、ナチュラルに言えませんでした。

自分の意見ひとつ言えないのに、もちろん“気の利いた事”なんてとてもじゃない状態。

 

でもイメージの中では、その気の利いた事を、ナチュラルに言う状態に標準があるので、現実とのギャップに途方に暮れたものです。

 

さて、では、今はどうかというと、

 

少なくとも自己評価としては、上記の自分のイメージと実際との間に隔たりはないと感じています。

どのギャップはどのようにして埋まっていったのか?

 

その理由は実はすごく単純で簡単。

 

英語学習の大原則の1つ、

 

「インプットとアウトプットは繋がっている」

そのままの現象なんです。

 

つまり、そのように、ネイティブスピーカーと数人でワイワイがやがやナチュラルに会話するインプット量が絶対的に足りていない。

 

多くの人が使っているであろう“教材”は、どこかの先生が机上で考えた“作られた完璧な英文”を、プロのナレーターがスタジオで朗読しているものだからです。

 

そのインプットからは、残念ながら、ナチュラルなアウトプットは出て来ようがありません。

身体(頭)に入ってないものは、出しようがないのです。

 

 

この原理お分かりいただけますか?

 

だから、解決方法としては、

 

ナチュラルな英会話(素材)を沢山消費する(聞く)ことが一番なんです。それ以外に解決方法はないといってもいいくらい。

ぼくが英語学習者に、ナレーターが吹き込んだCDではなく、ナチュラルな素材を強く勧めるのはその辺りが原因なんです。

海外ドラマでも良いと思います。

 

結局実践で使えるのは、ナチュラルなアウトプットなので、インプットもナチュラルが良いに決まっている。

 

話を元に戻して、

 

今あなたが、この記事のテーマである“壁”を感じていて、

 

それを超えたいと思っているのであれば、

 

ぼくからのアドバイスは、

ナチュラルな会話素材をとことん消費してください、

という、至極シンプルなものです。

 

英語学習はシンプルなんです。

 

ぼくはそうやってその壁を乗り越えました。

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

あなたのその英語学習に意味はあるか?圧倒的に学習効果が上がるコツ

 

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!

http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク