英会話上達のコツはアウトプットの考え方! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英会話上達のコツはアウトプットの考え方!

スポンサードリンク

口から英語を自然に発するコツを知りたい、

あなたへ上達のヒントをお伝えします。
まず、あなたは、“英語をアウトプットする”ということはどういうことだと思っていますか?

漠然とした質問ですが、多分、多くの人の頭に浮かぶ答えは以下ではないでしょうか?

●英文を頭で組み立てて、それを話す

確かにその通りです。

決して間違いではありません。

 

しかし、注意したいのは、英語アウトプットというのは、
それ“だけ”では決してない、ということ。

では他に何があるのか、

それは、

●頭にあるフレーズをそのまま、リプロデュースする

ということなんです。

部品を組み立てて出す、のではなく、
元々組み上がっているものを出す。

こちらの方が、殆どの場合において、
1から組み立てるのに比べて、

より短時間で、よりテンポよく、より自然に、
より正確に、コミュニケーションできるのです。

組み立てることを否定しているのではありません。
そのアイデアを頭に入れる事で、アウトプットが楽になるケースが多い、という提案です。

アウトプットにおいて“リプロデュース”という考え方を持つ事で、
もう1つ良い事があります。

それは、英語学習(主にインプット)しているとき、
この“アウトプット・リプロデュース”という概念が頭にあると、

聞いていて、又は読んでいて、使えそうなフレーズなり、文章を、“塊で”頭に入れる癖がついてくるのです。

そうなると、インプットとアウトプットのバランスが良くなって、
英会話アウトプットの際に活きてきます。

塊でのアウトプットを意識したインプット、
それが英会話上達のコツです。

英語は作るもの、という固まった意識を少し柔軟にしてみてください。

自然に英会話をしている人は(英語ネイティブスピーカーも含めて)、文を1から作る場合もありますが、多くの場合、このリプロデュースを多用しています。

そのリプロデュースがまるまる1文なのか、もしくはもう少し小さな塊なのかは、場合によりますが。

英会話アウトプットがスムースでない、と感じているあなたは、多分“英作文”の方に比重が行き過ぎているのだと思います。

それはそれで置いておいて、新しい考えとして、“リプロデュース”を意識して、英語インプット・アウトプットしてみれば、
あなたの英会話は、よりナチュラルになっていくはずです。

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

英語に触れる時のちょっとしたコツ

*英語力アップの耳寄り情報更新中!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
「いいね!」クリック!
http://www.facebook.com/englishltd1

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク