英会話上達 川合のおすすめ教材—日常英会話を話したい!簡単なのになぜか口から出てこない・・・編— - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英会話上達 川合のおすすめ教材—日常英会話を話したい!簡単なのになぜか口から出てこない・・・編—

スポンサードリンク

ぼくが英語学習中、実際に使用して、効果を実感した教材を紹介します。

ちなみに、教材選びの基本的な考え方については、以下の記事に詳しく書いたので、そちらをご参照ください。

秘伝:失敗しない英語教材の選び方

 

英会話講師になりたての頃だと思います、

(今から十数年前)

 

TOEICの点数は800点を超えて、リスニング力を筆頭に、英語になんとなく自信が持ててきた頃。

(あくまでなんとなくです(笑))

 

その当時、ぼくがよく思った事、

「日常の些細な事、本当に簡単な事が英語で言えない!」

です。

 

そんな方、実際多いと思います。

 

 

アカデミックなテキストが幅を利かせる日本の英語教育産業で、上記のニーズを満たすような、

“本当に良く使う簡単な日常フレーズ”をしっかり身につけられる教材は、意外かもしれませんが、本当に少ないのです。

 

だから、ココの分野が弱いと感じている日本人が多いのです、それは、TOEIC500点の人でも、900点の人でも一緒。

いくら英語の知識があっても、語彙が豊富でも、その部分のインプットが抜け落ちていれば、その部分のアウトプットができるはずがない。

 

一言で書くと、アンバランスです。

 

“日本人はココを良く間違う”みたいな教材をいくらやっても、それは全然生産的でない。

だって、べつに間違ってもいいので(笑)通じていれば。

 

ぼくがその当時、“本当に良く使う簡単な日常フレーズ”をしっかり学べる教材に偶然出会ったのは、本当にラッキーな事でした。

 

さて、ではその教材とは、こちらです。

英会話なるほど練習帳―50のフレーズで500通りの表現をモノにする
スティーブ ソレイシィ

 

実は、この教材に限らず、“とにかく(日常)英会話を!”と思っているあなたへ、絶対的におすすめするのが、

スティーブ ソレイシィさんの教材の数々。

彼の教材のクオリティーはとにかく群を抜いています。

素晴らしい、の一言。

 

“英語話したい!”という読者の要求に、これほどまでにストレートに答えてくれる教材をぼくは他に知らない。

 

(川合の著書「つながる英会話」以外は(笑))

 

ぼくは、上記の本をしっかりやりこんで、“話せる!”感がグーンとアップしました。

 

彼の著作、沢山あるので、できれば書店で手にとってみて、自分と相性がよさそうな教材を選んで、とにかく学習スタートしてみてください。

 

きっと効果を実感してもらえるはず。

 

同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

 

アドバイスはいらない。おすすめの英語リスニング教材は自分だけが知っている

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!
http://www.facebook.com/englishltd1

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク