英語脳が育つ 英作演習をすることの意味 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語脳が育つ 英作演習をすることの意味

スポンサードリンク


英語を日常的に使う事のある方で、

まだ慣れていない方がよく思う事は、

 

「英語が出なくてもどかしい」

 

ということだと思います。

 

 

相手の言っている事はわかる、だけど自分から発信できない、

 

言いたい事はあるが、それが英語として自分から出て行かない、

 

という思い。

 

 

では、どうすればその悩みが解消されるのか、

 

 

沢山方法はありますが、

 

ぼくは自分の経験から、逆の発想で、

 

‘もどかしい思いをすればするほど’

 

英語発信力がつく、と考えています。

 

 

別のいい方をすると、

 

‘これを英語で何と言うのか/書くのか’と考える時間が、

英語の発信力そのものを磨いている、

 

ということです。

 

 

仮にうまく発信できても、できなくても、

 

考える事自体が英語力を向上させていると考えます。

 

実体験からそう考えています。

 

では、

 

その考え方を実際にどのように学習に置き換えられるか、

 

‘これを英語で何と言うのか/書くのか’

 

 

と、考える時間自体が、英語力を伸ばす、

 

と考えています。

 

 

では、その状態をどのように人工的に作り出して、

学習として活用できるのか?

 

 

一つ目は、

ありきたりですが、「英作文」がいいと思います。

 

 

理想的には英語の対訳がついた、日本語文を

 

英語に訳していく、という単純作業です。

 

 

 

これをすると、英語をひねり出そう

という状況が人工的に作れます。

 

 

書いた英文が正しくても正しくなくても、

継続して続けていれば、

 

必ず英語発信力が磨かれて行くと思います。

 

 

さらに、英語対訳があれば、

一つ一つ確認していくことで、

 

その場で色々な発見があり、

表現が増えて行く、という効果も期待できます。

 

 

できない、だから書かないのではなく、

 

できない、だけど書く(間違っててもいいので)、

 

 

その態度、具体的行動が

 

英語力を伸ばして行くと信じています。

 

スポンサードリンク